氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

実家挨拶①

!!!!

どうする、こっちはアリスを背負っている

だが、遅い・・・

さんざんアリスの攻撃を受けてきたからか

ものすごく遅く感じる

「刀、取り出すまでもなかったわ・・・」

その刹那、相手は一瞬にして氷ついた

「うぐ・・・・」

「そんな実力でよく俺に挑んできたな」

「す、すまん俺が悪かった。許してくれ」

「嫌だね、アリスを襲おうとしたんだから」

ひとまず、警察に電話だ

その後警察に任せて、帰ることにした

しかし、

「もう9時すぎてるじゃん・・・・」

明日は寮母さんに怒られそうだ

どうしよう、もう寮には入れない

これは流れ的にホテルに・・・・・

いや、実家だな

ここからなら、5分以内で着く

「アリス、寮は空いてない、俺の家行くぞ」

「ふぁ〜い」

こいつ、今なら何言っても、聞くんじゃ・・・・

だめだ、かんがえるな、理性が飛ぶ

ひとまず家に向かおう

歩いていると、いろんな人にすごい目で見られる

恥ずかしいな

ここら辺は知り合いも多いのに・・・

「あれ?秋風?」

なっ、まずいここで見つかったら終わりだ

「ひ、人違いですー」

「・・・幼馴染を間違えるはずないじゃん・・・」

そのまま走って逃げた

なんとかその後は誰にも見つからずに済んだ

「なんとか家に着いたか」

息も限界だ

ピンポーン、インターホンを鳴らす

「はい? なんだ、兄さんか、入っていいよ」

ガチャ、鍵が開いた

「兄さん・・・・・」

「あ、もしもし警察ですか?
   家に金髪美女をかかえた変質者がいるんですけど・・」

なっ!

「ちょ、ちょっとまった!」

すぐさま凪沙の携帯を取り上げる

「父さーん、兄さんが女を家に連れ込んでるー」

ドタドタドタドタ

父が部屋から降りてくる

「秋風ー、何をヤっている!」

「と、父さん誤解だ・・・」

「問答無用、焦がしてやる」

「俺は何もやってない!
   この子はクラスメイトだ」

「そうか・・・」

「まぁそこに立っていないで、あがれよ」

助かった〜

それからアリスをソファに寝かせ

父と母たちに事情を話した

「まさか、アリスちゃんがこっちに来ているとはな」

「父さん知ってるのか?」

「知ってるも何も、イルバーナ帝国現国王の
   アラン・イルバーナとは旧友だ」

父さんの知り合いだったのか

「秋も小さい頃、イルバーナ帝国に行ったことあるわよ」

それはかなり驚愕だ

「あのアランがアリスちゃんを送り出すとは思えんな」

「イリナさんが、相当アランさんを丸め込んだのね」

どうやら、イリナさんとはアリスの母親らしい

「父さん、もう少し詳しく聞かせてくれ」

「いいだろう」

「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く