氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

入寮初日④

風呂を出た後俺たちは食堂に向かった

「見ろよ、秋風、あの風呂上がりの少女たちを」

「お前はそれしか頭にないのか?」

「おっ、あれアリスちゃんたちじゃね?」

「行ってみようぜ」

まじかよ

「おい、やめとこうぜ」

「照れてんのか?早く行くぞ」

結局無理やり連れてかれた

「おーい、みんな一緒に食っていいか?」

「仁に秋風くんじゃん、いいよ〜、ちょうど男子の話してたんだよね」

仁いつのまに剛力と仲良くなったんだ?

というか、気まずい・・・・

視線がよくあってしまう

「秋風くんも座りなよ」

「う、うん」

「私部屋帰ります」

「ダメだよ、アリスっち、帰さないから」

「・・・・・・」

剛力強すぎかよ

「今ね〜、ちょうどクラスの男子で誰が1番かっこいいか、話してたんだー」

「まじか、絶対俺が一位だろ?」

「仁きもい」

「それな!」

「えっとね、1位はね、秋風くんでしたー」

ちょっと嬉しい

「ねぇーアリスっち」

もしかして・・・・

「ち、違うわ、他に知ってる男子がいなかっただけよ」

「またまたー」

とこんな感じに話していたら、もう8時30分だ

「そろそろお開きにしよう」

明日もクラス会あるんじゃなかったっけ?

「じゃあ、明日は5時からイノンモールの
   焼肉屋で待ち合わせね」

やはりか

「おっけー」

「おっけー」

「じゃあみんなおやすみ〜」

そのまま解散した

部屋に戻ったら、荷物整理しないと

ベッドとかを組み立て終わり

荷物整理が終わったその時

「入るわよ」

そうだったー、はしゃいでいて忘れてたけど

アリス・イルバーナと会う約束だったー

「お、おう、いいぞー」

ガラっと、扉が開いた

「!!!!」

パジャマ姿じゃん!

「な、なによ」

「いえ、ごちそうさまです」

「????」

「で、呼び出したのはあなたでしょ?」

そうだった

「話というのは、ルールを決めようと思ってだな」

「それはいい案ね」

そこからしばらく話が始まった

あれこれ決めているといつの間にか

10時30分だ

「やっと決まったわね」

「結局最初とあんま変わってないが・・・」

「いいのよ、そこは」

「じゃあ、もう一回確認するわよ

   1.お互いの部屋には入らないこと
   2.シャワーは入る前はお互い伝えること
   3.食堂が使えない時は、日替わりで食事を作ること
   4.洗濯物は一緒に洗うな!

   でいいかしら?」

「洗うな!って、どんだけいやなんだよ」

「君のと一緒に洗うとか嫌に決まってるでしょ!」

「じゃあ私もう寝るわ」

「ちょっとまて、俺は 秋風って名前がある、君じゃない」

「じゃあなんて呼べばいいのよ」

「秋風とか、なんでもいい」

「なら、おやすみ秋風」

「ああ、おやすみ、ア・リ・ス」

アリスは頬を赤く染めて部屋に入っていった

「アリスと呼ばれるのは、嫌じゃないのか?」




「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く