氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

入寮初日③

電話に出た

「はい、もしもし」

「あー、もしもし、東山か?」

「水谷先生⁈ どうしたんですか?」

「それがだな、イルバーナの母親とは
   昔クラスメイトだったんだがな」

「どうやら、イルバーナがアカデミーに来た理由が
  実力をあげる他にだな・・・」

「強い婿候補を見つけるということらしい」

「そこで俺がお前が強いことを、イルバーナの母親に
  言ったらだな、部屋を一緒にしろと言われた」

は?状況が飲み込めない

「えっ?先生どうゆうことですか?」

「つまり、お前らはその部屋で共同生活
   しろということだ、それだけだ」

「ちょっ、せんせ・・・・・」

電話が切れた

「水谷先生からなんて言われたの?」

言うべきなのか?

「そのだな・・・・」

着信音が鳴った

次はアリスの携帯からだ

「ちょっと失礼」

「もしもし?」

「アリス〜、元気?」

「お、お母様!」

どうやらアリスの母親からの電話らしい

「実はね〜、アリスには、秋風くんと、共同生活してもらうわ〜、それだけよ〜、じゃあねー」

「ちょっと、お母様それだけって・・・・・」

電話が切れたらしい

「東山 秋風くん、あの実は・・・」

「共同生活のことだろ、水谷先生から聞いた」

「・・・・・・・・」

「どうすればいいの?」

「わからん」

「・・・・・・・・」

「部屋に戻るわ・・・・」

「まて、この事は知られないようにしないと、やばいぞ」

「そうね、けどもう何も考えられないわ・・・」

どうやらお互い同じ心境らしい

「わかった、また10時に俺の部屋に来てくれ」

「わかったわ」

ドン、扉が閉じた

いまいち状況が整理できない

ピーポーン

インターホンが鳴った

「秋風〜風呂と飯いこーぜ」

「わかったー、今行く」

ひとまず着替えないと

あっ、あいつバスタオル置いていきやがった

後で返せばいいか

「お待たせ〜」

「遅いわ、早く行くぞ」

「風呂から入るか?」

ちょうどゆっくり考えたかった

「そうしよう」


「広すぎかよ!」

「しかも、温泉6個はあるぞ!」

確かにすごい広さだ

「早く入ろーぜ、秋風」

「はしゃぐなよ、子供か?」

「うるせ〜」


何個か風呂に入ったけど、どれも最高級だ

疲労回復から若返り、リラックス、肩こり、筋肉痛解消

便秘解消、そしてたき打ちまで、いろいろある

「おい、秋風〜」

「聞こえるか?女子たちの声が」

そういえば天井だけ繋がっている

「今度覗きに行こうな」

「絶対いかん」

あの新鮮な映像を書き変えるなんて・・・・

「どうした?のぼせたか?」

「なんでもねぇー、あがるぞ」


「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く