氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

入学式②

やばい、間に合わない

家族とのバトルに時間を取られてしまった

とにかく全力で走ろう

家から学校までは25分くらいかかるが

もう入学式開始まで15分をきっている

そのとき・・・

「おーい、秋風乗ってけよ」

声をかけてきたのは、入試の時に知り合った

緑谷 仁だ

「ありがと、助かる」

「いいってもんよ」

でも、なんでこんな時間に登校してるんだ?

「お前も遅れたのか?仁」

「朝寝坊しちまってよ、焦ったぜ」

こいつ本当に寮生活できるのか?

「着きました坊っちゃま」

「おう、ありがとよ、じぃ」

しかも金持ちなのか ︎

そういえば車も外車で豪華だ

「秋風、何ぼーっとしてんだ、遅れるぞ」



「ふー」

「なんとか間に合ったな」

「席につこうぜ」

「そうだな」

どうやら入学式は、入試の時に使った、

アリーナで行われるらしい


そして、入学式が始まった

といっても、仁とはなしているだけだが

「それでは、新入生代表挨拶。
    代表、アリス・イルバーナ 」

「はいっ」

そのとき、俺は人生でもう使うことのないであろう

金髪碧眼という言葉が頭をよぎった。

その少女は、金髪碧眼、スタイル抜群、そして・・・

「かわいすぎだろ」

そう、半端じゃないほどの美少女だった

「イルバーナ帝国からの留学生らしいぜ」

「しかも、第2皇女で、入試を首席通過したらしい」

「俺もあんな人が彼女だったらなぁ〜」

「・・・・・」

なんだと・・・・

俺が首席じゃなかったのか

「絶対負けねぇー」

「えっ?秋風今なんて?」

「絶対あいつには負けねぇー」

「名前は覚えた、アリス・イルバーナ、
   絶対負けねぇー」

「お前あの人の固有魔法しらないのか?」

「なんなんだ?」

「『光』だよ、『光の巫女』知らないのか?いまや負けなしらしい」

光⁈そんなん無敵じゃないか

「いいねぇー、倒しがいがある」

「秋風、お前・・・・・・」

「惚れたのか?」

「惚れてねぇーよ」

「嘘つけ、顔真っ赤だぞ」

「暑いんだよ!」

「それより、クラス分け見に行くぞ」

「へいへーい」

惚れてなんかいない、いないはずだ・・・


「えーっと、俺は5組か」

「まじかよ秋風、俺も5組だぜ」

「まず1年よろしくな」

「おう、よろしく」

「ちなみに、イルバーナさんも5組らしいぞ」

「どうでもいいわ、早く教室行くぞ」

「はーい」

アリス・イルバーナ、絶対倒す!





「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く