氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)

真木 輝

入学試験 ①

試験開始 ︎

試験官の声が会場に響き渡った。

最初の試験は、筆記だ。

試験科目は、国語、英語、数学、理科、社会だ

筆記の配点は500点らしい。

国立なのにあまり難しくない

それもそのはず、この学校は騎士の育成がメインだからだ。

国語、英語、数学、理科と順に終わっていき

ついに社会が終わり、筆記の試験が終了した。

「ふーーー」

手応えはある、全部90点はあるだろう

「で、なんでお前は俺の隣の席なんだ?」

隣の席にいたのは、さっき話しかけてきた

緑谷 仁 だった。

「しらねぇーよ、学校側に聞いてくれ」

「それよりさ、筆記どうだった?」

やはりそうきたか

「全部90点はある」

「まじかよ、すごすぎだろw
  俺なんてギリギリぐらいだぜ」

やはりこいつは馬鹿だったか

「次は面接だろ?会場はどこだ?」

「あー、わからん」

こいつに聞いた俺がアホだった

「まぁ人の流れに従って行くか」

面接試験室019

ここが俺が面接試験を受ける会場らしい。

「はぁー、またお前かよ  仁  」

「よぉ〜、また会ったな 秋風 」

こいつとはどうやら縁があるらしい

「次の者は中に入りなさい」

面接官が大声で言った




「疲れた〜」

面接試験が終わった

結果は散々だ

「秋風  次はいよいよ実戦だな、楽しみだぜ」

こいつ脳筋なのか?

「そういやお前の  固有魔法(オウン) ってどんなやつなんだ?」

「ん〜、草木を自在に操れる感じだな」

なかなかいい  固有魔法  だな

「お前のはどうなんだ  秋風」

「そのうちわかるさ、それまでのお楽しみだ」

「なんだよそれ、教えた俺がアホみたいじゃん」

うん、お前はあほだろ

「まぁ、ひとまず移動しようぜ」





実戦の会場についた

広さは東京ドームぐらいだ

そのフィールドが、12個ほどある

しかも全部観客席付きだ

「うひょー、めっちゃ豪華じゃん」

確かに広い、まさに戦闘するのにふさわしい場所だ

と、そんなことを話してる間に試験の説明がはじまった。

説明によると、どうやら先生との一対一らしい。

制限時間は10分、1人2回違う先生と戦い、その戦闘の内容で評価が決まる

「あれ秋風3番目じゃね」

「まじかよ、じゃあ準備しに行くわ」

今普通に流してしまったけど、また同じ会場だ





1人目の試験が終わった

どうやら先生たちは本気でくるらしい

2人目もまもなく終わりそうだ

「さぁ行こうか」

そしてようやく俺の番だ

位置につきなさい

審判の声がフィールドに響き渡る

それでは、バトルスタート ︎


「氷炎騎士の騎校生活(スクールライフ)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く