死殺少女

TOKA

1章『君を連れ去るけどいいかい?』

「あんたなんか産まなきゃよかった」

母親に言われた記憶。
その言葉が脳裏に焼き付いて離れない。

何のために私は生まれたんだろう────



しとしと雨が降る町で×××はいつも通りに家への道を歩いていた。
家のドアをあけ、玄関を見ると相変わらず昨日とは違う男物の靴。
ゴミが散乱した廊下を通り、母親に帰ったことを知らせるためリビングに向かう。

しかし、今日はいつもとは違うことに気がついた。
帰ったらいつも聞こえる男との話し声が全くしないのだ。
×××はリビングをのぞいた。
次の瞬間、×××は硬直した。

黒髪で180以上はある細身の男が立っていたのだ。
まるでもぬけの殻になった母親をもちながら。
もう1人恐怖でチビりそうな男が尻餅をついて床にすわっていた。
次の瞬間
『パンッ』
それは人生で初めての出来事。
目の前で人が殺された。

とっさの事で×××はどうしていいかわからなくなり、その場に立ち尽くしていた。

男がこちらに向いた。
男は
?「ガキ?資料には書いてなかったぞ。隠し子か」
と言った。

殺される。

そう、×××は思った瞬間、体が身震いするような感覚に襲われた。

────戦わなければ

×××は目を赤く光らせた。

?「おいガキ、お前にはなんの恨みもないが死んでもらう。」

と男が言った瞬間、×××は台所に駆け込み、おもむろに包丁を取り出した。
男と距離を取り、素早く脱衣所に駆け込んだ。

鍵をかけ、脱衣所に閉じこもった。
?「おい、それで逃げてるつもりか?」
男がドアを蹴破った瞬間、なにか液体のようなものが男に降り注いだ。

?「?!洗剤液か!?」
男の目をつぶした。

その隙に男の指から拳銃を飛ばし、包丁を使って襲いかかった。

『パンッ』
×××の右頬を拳銃の弾がかすった。

?「拳銃は1丁とは限らない。」

×××は一瞬怯んだが包丁をもち突撃した。
が、それもあっけなく押さえつけられた。
×××が暴れようとした。

すると、男がいった。
?「お前、殺し屋にならないか?」

それは、あまりにも突然で唐突な提案だった。

×××「私が…殺し屋…?」

?「あぁ。お前にはもう母親もいない。俺のとこにこないか?お前には殺しの才能がある。」

そう男がいった。

×××「でも…」
なにかに迷っていた。

すると男が言った。
?「じゃあ言い方をかえる。お前を連れ去るけどいいか?」

その男はとても優しい口調でその言葉を言った。
×××の迷いは吹っ飛んでいた。
×××「……うん。」

×××は男の手を取った

「死殺少女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「戦記」の人気作品

コメント

コメントを書く