☆うさねこ☆

ずんだもち

17.保健室と精霊樹⑥


保健室に戻ると翔夜は目が覚めていたらしく、海霧先生と奥で何か話しをしていた。
「ふぅ、捕まえて来たぞー。」
「あら、お帰りなさい。」
奥から返事すると先に海霧先生だけ出てくる。
「さっ、健康診断しましょ。」
ひょいと、凍弥の頭から取り抱きかかえると、凍弥から白い水晶を受け取り奥へと入って行くと、入れ違いに翔夜が出てきた。
「僕は、人間界でたくさん傷つけて来たんだな。」
「記憶が戻ったのか?」
「ああ、アイツと目があった後からのこと全部思い出した。」
一呼吸おいて、ゆっくりと話しはじめた。

「☆うさねこ☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く