☆うさねこ☆

ずんだもち

16.花火祭り④


『フルスリップ』
ミサキの足元が急に氷になる。
つるっずさーっ
「傷ついた人間は弱くて役に立たない。クススッ
さっ戦意のない人間は後から片付けるとして、まずはそこの妖精から片付けるよ。」

背中を向けたまま座り込んでいるミサキの前に出る。
「そう簡単に片付けられてたまるか!」
水晶に乗り凛の目線の高さくらいまで飛ぶと集中力を高める。

「クススッやる気だね。」
(おばさま見てて!頑張るよ!)
『『アイスロック』』 
ぱひゅんっ
凍弥は上から氷塊を降らせ、凛は撃つ。
撃った氷塊は凍弥の氷塊に負け、残りは凛を襲う。
ゴッガッゴンッ
「きゃっ、痛いっ痛いー!」
『シグルド』
凍弥はつらら状の氷を撃つ。
「わわっシルド、、うっ!」
ざっどすっ
凛は呪文が間に合わず攻撃を受ける。




「☆うさねこ☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く