☆うさねこ☆

ずんだもち

13.風の妖精④



「この寒さなら『ブリザガフリード』」
びゅぉぉぉぉ!!
相手の周りを吹雪が包む。

「ぐぅぅー。」
寒さで動きが鈍り避けれず吹雪に捕まった。
「雷夢、今だ!痺れさせて捕まえるぞ!」
「えっ、えっ、でも、、」
「大丈夫だ、よく狙ってやるんだ。」
「はいっ『プリズショック』」
バチバチバチッ
吹雪の中の妖精に命中する。
「ぐぁっ!」
体が痺れて水晶から地面に落ちる。
「解。」
吹雪を止めて様子を見る。

ブォッ
『キキキッ』
妖精の体から黒いモヤが抜け、空へと逃げて行った。
「なんだあれ、物凄い嫌な気配がしたぞ。」
「あれが祠にいた恐ろしいものなのか?」


「☆うさねこ☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く