☆うさねこ☆

ずんだもち

12.図書館


海霧先生は保健室の方に戻って行く。

「さて、これからどうする?」
「そうだなぁ、昨日のやつ土竜先生に聞きに行ってみる。」
「昨日の今日で分かるの?」
「さぁな?でも調べるとなると図書館だろうからな。」

「なるほど。」
(本で調べるから手伝うってことなのかな。)
2人は学校の図書館へ向かう。

丸い大きな建物の中には様々な本がズラリと並んでいる。
「わぁ、、広い、、あれ?どこ行くの?」
凍弥はまっすぐ右端の暗い通路の方へ向かって行く。

「こっちにいるはずだぜ。」
その先にあるドアを指差す。
プレートには『占い館』とある。
暗い通路を進みドアの前に来る。
カチャッギィィッ
ドアをそっと開けて中に入る。


「☆うさねこ☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く