☆うさねこ☆

ずんだもち

9.カマイタチ事件⑥


コソコソ、、、
たたたたたたたたっ
(みっ、みっ、みっ、みっ、、、)
駅の方から息を弾ませながら走って来る。
さっき感じた魔力の気配を頼りに。
たたたたっ
コソコソ、、、
隠れながら、それでも急いでやって来る。
(この辺りのはずなんだけれど、、、)
キョロキョロ
(おぉーい、、だれかぁぁぁ、、、)
たたたたっ
(おぉーい、、、)

「今、何か声しなかった?」
(おぉぉーーーい、、、)
「あの電柱のところだ。」
凍弥が教える。
たたっ、こちらから近寄る。
(ひやぁっ人間が来たぁぁぁぁー!あわあわあわ、、、すぅぅーはぁぁぁ、、大丈夫大丈夫、、見えるはずないんだから、、、)
透明化していることを思い出し、落ち着きを取り戻す。

「☆うさねこ☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く