☆うさねこ☆

ずんだもち

9.カマイタチ事件


朝、少し早起きしたので、テレビを付けてゆっくりと朝食を食べていた。



、、です。
次のニュースです。
昨日さくじつもまた、通り魔事件が起きました。
場所はー、、、で、、
いずれも軽傷で、やはり犯人の姿はなく道中に突然斬り付けられるものでー、、、。

、、、ーーこれを、カマイタチ事件と称し、引き続き調査をしていくようです。

では、次のコーナーは、、、



「また通り魔だってよ?昨日の夕方もやってたよなー?てか、カマイタチてなんだ?」

「最近この近所で増えてるから特に気をつけなきゃね、カマイタチって確か妖怪の名前だよ。姿が見えない通り魔だから、そう言う呼び方をするってことだね。」

「へぇー。まっ俺が居るんだ、カマイタチなんて氷漬けにしてやるぜ。」

「ちゃんと加減してあげてね?あ、もう出なきゃ。いくよ、凍弥。」

学校へ行く支度が終わり玄関へ向かう。
「ほーいっ。」
ミサキの肩にひょいっと乗る。
自分で飛ばなくても移動出来て楽なのだ。

いつもの時間に家を出て、登校する。

「☆うさねこ☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く