☆うさねこ☆

ずんだもち

8.帰宅と日常



ぽぅっ
コンコン魔電話から現れると、ミサキの部屋だった。

次の魔法学校での授業は未定なので、とりあえずは今まで通り実習活動をすることとなった。








凍弥はミサキと一緒に人間界の学校へ行ったり、実習活動をしたりしていた。
たまには人を転ばせたりして、イタズラをするが、すぐにミサキにバレて怒られる。(勿論減点される。)

ここ最近は他の妖精にも会わず、日々をゆっくりと過ごしていた。

気がつくと5月も下旬となり、出会ってから約一カ月となる頃、、、。

近所で不可解なことが起き始めていた。





「☆うさねこ☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く