☆うさねこ☆

ずんだもち

7.特別授業④


すっと海霧先生は、ミサキの方へ向き直り話し始める。
「さて、自己紹介がまだでしたね。初めまして、私はここの校長と、保健室の先生をしています、海霧と申します。」
ぺこりっ

「初めまして、九重ミサキです。あの、澪ちゃんに無理させてしまってすいませんでした。」 
頭を下げる。

「いいえ、それは貴方のせいではありませんよ。闘焔先生は熱いが故にやりすぎる所があるのです。それに、あの中では有効な力のある澪が頑張るしか無かったのです。しかし、助けたのは貴方ですよ?ミサキさん。」

「え?私ですか?」
「えぇ。
   そうですね、、、そのことも含めて、ここで3時間目の特別授業しましょう。」

「☆うさねこ☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く