☆うさねこ☆

ずんだもち

7.特別授業

ゴールを潜ると元の校庭へと出て来た。
土竜先生と鐘華先生が迎えてくれた。
「良かったんだも!怪我はないかも?」

「それが、凍弥が気絶してて、、、。」
ミサキが後ろの凍弥をみせる。
「大変、熱酔いね!『ウィクルド』」
ヒュォォォーヒュンッ
鐘華先生は風を使い凍弥を保健室へ飛ばす。

「もう、、疲れた、、眠っていいー?すぅー。」
「あの、華炎と闘焔先生は?」
風羅が聞く。

「華炎は先に教室へ戻りました、闘焔先生はあちらですわ。」
鐘華先生が呆れた顔で指を指す。
「うぉぉぉぉー!!!良くやったなぁぁぁぁ!!すごいぞぉぉぉ!!」
遠くで腕立て伏せしながら叫んでいる。とことん暑苦しい。

「☆うさねこ☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 蜻蛉

    短文で読みやすいです。

    6
コメントを書く