☆うさねこ☆

ずんだもち

5.妖精界④

「よしっ今度はもっと慎重に、、、」
ぱたぱた、ぱたぱた、ぱたぱた
今度はゆっくり浮き始める。
「おぉー、そしたら今度は前進、後退ー。」

「こう、、かな?」
ぱたぱたぱたぱた、ぱたぱたぱたぱた
前へ後ろへ、ゆっくり飛ぶ。
だんだんとコツを掴んできた。
30分ほど練習をすると、部屋の中はすいすい飛べるようになった。

「じゃー次は外行くぞ。」
「えぇっ!」
「風があるところでも飛べなきゃならないからな。『クラトリティー』」
2人分の透明化をかけると、窓から外へ出る。
凍弥の助けも借りながら1時間ほどで上手く飛べるようになっていた。

「かなり上達したな。そろそろ帰ろうぜ。」
「そうだね、、飛ぶって楽しいけど疲れるね。」
「はじめは仕方ないさ。慣れたら歩くのと変わらないくらいになるぜ?」
「そうなんだー。」

窓から部屋に入ると、透明化と、ミサキの変身を解く。
「後は明日、実際に学校行けば分かるさ。」


そして次の日、時間通りに妖精界の学校、校門前へとワープする。

「☆うさねこ☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く