☆うさねこ☆

ずんだもち

4.実習失敗

ぽうっ
凍弥の鞄の中が光る。
カードを出すと、 円柱状に光っていて中には、
「うげっ、土竜先生、、」
カードの上に立っているかのような形で薄茶のぽってりした妖精が映っていた。
『凍弥、人間に魔法見られたんだも。』
「あ、、、はい。」
『残念だも、強制召喚で帰るんだも。』
ちらっと女の子を見る。
「?」
『5分待つも。ちゃんと説明してから来るんだも。忘れてしまうからと適当にしては行けないも。』
「、、、はい。」
女の子の前へ行く。

「☆うさねこ☆」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く