殺せば殺すほど命が増える!!??~命喰らい~

タッツァー

吸血鬼の血の能力

「では見せてあげますよ、私のとっておきの技を!」

サマーはナイフを再び取り出した。すると取り出したナイフに何やら赤い液体がサマーの腕から現れ覆い被さった。謎の液体は次第に薄くナイフにコーティングされ8本のナイフが赤く光る。
サマーはまた8本のナイフをマフに向けて投げた。先程のようにマフは翼を使って風圧でナイフを落としたように感じた次の瞬間ナイフが奇妙にも物理法則を無視したかのように空中に浮かび上がり、マフに向かって四方八方からナイフが飛び回る。

「な、何これ…?」

「フフフ、これこそが私のとっておきの技《血の装飾ブラッド・コントロール》です。ヴァンパイアの血液は人間の血とは違い、自分の血を操ることが出来るんですよ。この技の能力は装飾したもののステータス値を上昇させるだけで無く、物理法則の支配から逃れ、まるで生きているかのように動かすことが出来るのです!!まぁ、上級吸血鬼ほどの実力が無ければ使うことは出来ませんが…。あなたにこの技が止められますかねぇ。」

「…マフ…。」
「ピィィ!!」

静香は不安の気持ちをマフに向けるとマフは俺に任せろと言わんばかりの大きな声で叫ぶ。
マフはサマーと対峙する。後ろの使役者に意識は一切無い。それはマフが静香を嫌いだとか静香を守ることが出来ないとかそういった意味ではない。マフが静香に気をとられないでいれるのはもう1体の従魔がいるからだ。その従魔はBランクの魔物ダークホークであるマフを軽々と超えるほどの実力があるからこそ安心してサマーと戦うことが出来る。
ではなぜその従魔が戦わないのか?それは単にその従魔は一切行動しないからだ。何が起きてもその従魔は動かない。
しかし静香が危険な目に会ったとき、その従魔は動き出す。圧倒的な勝利を持ち帰って。

「ピィィーー!!」

「うるさい鳥ですねぇ。焼き鳥にしてしまいましょうかね!!」

サマーは血の装飾ブラッド・コントロールでコーティングしたナイフを動かし、ナイフが宙を飛び回る。
マフは全ての攻撃を避けながらサマーに少しずつ近づいて行き、2メートルほどの距離まで行くとマフの鋭い爪でサマーを狙う。
しかしその程度の攻撃は読めていたといった表情をしたサマーは華麗に避け、また新たに取り出した黒色に光るナイフに血をコーティングした禍々しい雰囲気を出したナイフでマフを切り裂く。

「ピイーーー!!」
「マフっ!!」

「フフフ、あなたの悲鳴もまずまずですね。ではこれで合計16本のナイフが空中で舞いますが全て避けれますかねぇ、使役者を守りながらね!!」

一斉にナイフが静香の方向に刃を向けて飛んでいく。
サマーはマフと静香の距離から今から飛んで助けに行っても間に合わないと感じて使役者を狙った。
が、それはサマーの最悪の選択だったことをサマーは知らなかった…。

ナイフが静香に当たる直前に何やら黒い煙が静香の周りから現れ静香を包み込んだ。

「な、何が起こっているのですか…?」

次第に黒い煙は消えて1人の人間と全身真っ黒の人型の魔物が目に映る。その魔物は黄色く光る目以外全て黒色で暗闇の中見れば見つけることは困難だろう。
またサマーはこの魔物を見た瞬間、鳥肌が立った。
上級吸血鬼であるサマーが一目見ただけで恐怖を感じ、萎縮してしまうことの異常さに見ていたラウルやクイ、マーレイも一斉に黒い人型の魔物に目を向けた。

「あの魔物は…、確か魔界でしか見ない魔物シャドーマン族の最上位に君臨する《ゲマルドシャドーマン》
じゃねえのか!?」

見ていたラウルが大声で怒鳴る。なぜ魔界にしか存在しない魔物がこんな人間に使えているのか理解が出来ないといった表情をした。

「…まさか、《ゲマルドシャドーマン》を使役するなんて思わなかったよ。あれは魔界でも上位に属する魔物で人間ならSランクの魔物だからね。あれは彼では少し重いかも知れないね。」

クイは長年の知識を溜め込んでいるが1度も人間が《ゲマルドシャドーマン》を使役したなんて記録になかった。使役スキルがレアなことや魔界にしか生息しない魔物と言う理由もあり、使役することは絶対に不可能と思っていた。だがこの勇者、雲山静香は不可能と思われた《ゲマルドシャドーマン》を使役している。このことからクイは少し勇者の力を認めた。

なめてかかれば僕たちが最悪やられてしまうだろう。これは少し本気でやらせる必要があるな…。

「…面白い、これは実に滑稽だな。あの《ゲマルドシャドーマン》が勇者の従魔なとは…。少しは楽しませてくれるようだな。だが我らヴァンパイアよりも強いものなどいない!!…ラウル、貴様が必ずあの女を倒しておけ。」

マーレイがラウルに勇者を倒すように命じたということはすでにサマーでは《ゲマルドシャドーマン》に勝てないという意味だった。

「ちっ!!…はぁ、サマーじゃあ確かに荷が重いか…。仕方ない、やって来てやんよ。ここでサマーを死なせるには勿体ないからな。」

ラウルは重い足取りで静香の元へ向かった。

「殺せば殺すほど命が増える!!??~命喰らい~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く