殺せば殺すほど命が増える!!??~命喰らい~

タッツァー

勇者たちの冒険者登録

「いいか、お前たち!今日は冒険者ギルドで冒険者登録をしてもらい、クエストを受けてもらう。ダンジョン《マテリアル》で自分たちの非力さや考えのなさを知った今こそ確実に冷静な行動をしてくれることを期待している!!」



勇者一行はダンジョン《マテリアル》で危険な目に遭い、勇者召喚された久住令を失ってから彼らはしばらく魔物に恐れていた。それを知ったルテアが一旦ダンジョンや外に行かせるのはやめて、兵士や騎士たちと戦わせることにした。それから1ヶ月が経ち、もう一度魔物と向き合う時が来たのだ。

「1ヶ月前では興奮のあまり我を失っていたが今日はいつも通りにすればいいんだ。みんな、俺たちは勇者だ。人々を襲う魔物や魔族そしてそれを操る魔王を倒し、この世界に平和をもたらす存在でなければいけない!今日は俺たち勇者の力を存分に見せる初舞台だ!!冒険者たちに勇者の実力を見せてやるぞ!」

晴光誠也が熱く自分の思いを語る。それに心を動かされたのか、他の勇者3人が力強くうなずく。

「冒険者たちに俺たちの強さを見せてやるぜ!」

「誠也の言うとおり、冒険者たちに勇者の力を見せつけましょう!」

「…頑張ろう、マフ。」
「ピィィーー!」

「よし、じゃあ行くぞ!!俺についてこい!!」

ガインが勇者たちの顔を見て、満足げに思う。

こいつら…いい顔するようになったな。1ヶ月前とは大違いだ。1ヶ月前は危なっかしかったが今日は油断は一切感じられない。今日のクエストで更なる覚悟や力を付けてもらわなければな…。
  
           :
           :
           :


「ここが冒険者ギルドか…。」 

勇者たちは冒険者ギルドに到着した。サヨキル王国の冒険者ギルドはマナリィ王国の冒険者ギルドより少し小さい程度でかなり大きい。その大きな扉に圧倒され出入りする冒険者たちを見て勇者たちは雰囲気に飲まれている。

「今から冒険者登録をしてもらうぞ!!俺についてこい!!」

ガインの大きな声とともに扉を開けた。
多様な冒険者たちがそこにはいる。剣を持つ者や槍を持つ者、弓を持つ者、杖を持つ者、大剣を持つ者もいるし盾を持つ者もいる。多種多様な冒険者たちがクエストを見ながら冒険者たちと情報交換している。当然だが彼らはクエストでいつ死ぬかも知れない危険性を常に感じ、少しでも安全に達成しようとするからだ。
特に高ランクの冒険者ほど情報の大切さを知っている。そんな冒険者たちを見て勇者たちは自分たちの覚悟が思ったよりもずっと甘かったことを知る。

「これが冒険者か…、凄いな。」

「あぁ…。」

「私たちちゃんとクエスト達成できるの…。」

「…うん。」
「ピィ?」

扉が開いたことで冒険者たちが扉の方に目を向けた。するととんでもないものを見たかのように目を見開いて叫ぶ。

「…お、おい。あれってサヨキル王国最強の騎士団《ホーリーナイツ》の騎士団長のガインじゃないか!!!」

「おいおい。何でそんな人がいるんだよ!!」

「すげえ…、2年前に来た千を超える魔物の大群を1人で殲滅させたって聞いたけど本当なのか…?」

「ヒュー!たたずまいから伝わる強さだねぇ。適わないなぁ~。」

勇者たちは驚き目を見開いてガインを見る。

少し変な人だけど騎士団長ってことで何となくすごいとは思っていたけど…、まさかこれほど冒険者たちに知られて認められている人だったなんて…。

「王国騎士の騎士団長を務めるガイン様、今日はいったいどういうご用件で?」

1人の受付嬢がガインに何をしに来たのか聞く。

「すまない!!別に仕事の邪魔をしに来たんじゃないんだ!!今日はルテア様が召喚した勇者たちの冒険者登録をお願いしに来たんだ!!」

「おいおい、あいつらが勇者だと?」

「まだ青い少年じゃねえか。」

「あれが俺たちを救ってくれる勇者だとは思えないねぇ~。やれやれ…。」

冒険者たちは勇者たちを見てほとんどの冒険者は鼻で笑った。

「あ!?なんだと?もう一回言ってみろよ!!」

雷島蓮は冒険者たちの言葉に怒りを感じチンピラのように叫ぶ。

「ふぅ、心もガキじゃないか。…なら俺と遊んでみるかい?ボーイ。」

「いいぜ!やってやろうじゃねえか!!」

「ちょ、やめなよ蓮!」

「水希!お前は散々冒険者たちに言われて悔しくねえのかよ!!」

「そりゃ悔しいけど…。相手は本物の冒険者なんだよ!?」

「俺たちだってただの人じゃないぜ。俺たちは勇者だ!!勇者の力を見せつけるチャンスだろ!」

「冒険者同士の争い等は地下にある闘技場をお使いください。」

「じゃあ行こうか、ボーイ。」

「目に物見せてやるぜ!!」


           :
           :
           :

今、闘技場には多くの冒険者が勇者の力がどんなものか確認しに来た者や興味本位の者、そして勇者がやられる姿を見に来た者などが数多くいる。
そんな中闘技場の中心には冒険者と勇者がにらみ合っている。今か今かと待ち望んでいるなか1人の男がいた。それはサヨキル王国の冒険者ギルドのギルドマスターであるナイン=テルーシだ。彼は名前の通り貴族であるが三男坊ということで冒険者になった。そして冒険者としてメキメキ力を付け、ギルドマスターの椅子に座るまで昇進した男だ。

「やぁ、ガイン殿。久しぶりだね。」

「な!!ナイン殿ではないか!!ギルドマスターがこんな所にいていいのか!!?」

「ハハ、そこを突かれると答えずらいのだが、まぁ勇者の力を一目見たくてね。」

「やはり勇者が気になりますか?」

「当然だろう。わが国の王女が数多くの犠牲を払ってまで召喚した勇者が一般の騎士や兵士と同じくらいなら召喚した意味が無いからね。」

「見ていれば分かると思いますよ…。」

           :
           :

「俺はB級冒険者の《誘惑》のツワルキンだ。ボーイの名は?」

「ボーイじゃねえ!!…俺は勇者の雷島蓮だ!!」

「早速やるとしますか…。」

「あぁ!!一瞬で終わらせてやるぜ!!」



「殺せば殺すほど命が増える!!??~命喰らい~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー1155

    先程心情が入れ替わって分かりにくいと言ったのですが、最初の方は少し分かりにくかったですが、途中から分かりやすくなってて全部読んでないのに言ってしまってすみませんでした。

    2
コメントを書く