テンプレ異世界転生した俺の末路

魚みたいな人

プロローグ的な?


 ……ここは、一体、どこだ?

 何もない真っ白な空間。壁、天井、床、そう言ったものが何もなく、立っているという感覚もない。俺は、浮いているのだろうか。
 
 しばらくの間呆然としていたら、突然目の前に黒い煙のようなものが現れた。それは、次第に人型に近づき、やがてヒゲの長〜い老人になった。

「すまぬ、待たせたの。ワシが神じゃ」

 どうやらこの老人は神だったようだ。本当に居たんだ、神様って。てことは、ここは死後の世界?俺、死んだの?

「お主の言いたいことは分かる。よ〜く分かる。つまり、チートスキルとハーレム展開をのぞんでいるのじゃな?」

 いやいや、俺まだ何も言ってないんだけど。

「む?ちがうのか?」

うん、違う。俺は、まず説明して欲しいんだ。

「おお、そうじゃった、そうじゃった。まずは説明せねばな。ではまずこの場所についてじゃ。どこだと思う?」

 …死後の世界、じゃないのか?

「うむ、正解じゃ」

そうか、正解か。じゃあ、俺は死んだのか。

「そうじゃ。ついさっき、喉に餅を詰まらせて死んだのじゃよ、お主」

…そんな記憶ないんだが。

「死ぬ瞬間の記憶なら消したぞ。思い出すと結構ショックじゃが…戻したいか?」

 いや、遠慮しておくよ。…てか、さっきから俺、一言も発してないんだが。

「心を読んで会話してるだけじゃよ」

 神ならば、そんなものか。

「そうじゃ、そんなもんじゃ。話を戻すぞ。お主が死んだのは、不幸な事故じゃ。流石に可哀想に思ってのぉ。偶然見かけたのも何かの縁じゃと思い、ここに連れてきたのじゃよ。魂が新鮮なうちにな」

 神の気まぐれ、か。それで、俺はこの後どうなる?

「ワシが最初になんと聞いたか、覚えているか?」

 チートスキルとハーレム展開…

「そうじゃ。なんとなく察したかの?」

 …俺はもしかして、異世界に転生するのか?ラノベの主人公みたいに。

「その通り。どうじゃ?あまり乗り気じゃなさそうじゃが」

 いや、まさか。ちょっと信じられないけど、ものすごい興味津々だよ。ただ、不安があるとすれば…

「ほう、チートが確定しているというのに、不安があると?」

 チートがあるからといって、死なないわけじゃないだろう?俺は、異世界で、生きていけるのだろうか。

「なんじゃ、そんな心配か。それならば、お主が安心できるようなスキルを持って行くがよい」

 それなら、死んでも生まれた時からやり直せるスキルがいいな。それも、死ぬ前の記憶、レベル、スキルを引き継げればなおいい。

「流石にレベルまでは無理じゃな。じゃが、だいたいそんな感じのスキルなら、昔趣味で作ったものがあるからそれを持って行け」

 そうか。わざわざありがとう。

「なに、気にするな。楽しんでくるといい」

 ああ。今後会うことはないだろうが、神様のことは忘れないよ。

「ホッホッホ、そうか。ならばワシも覚えておこう。では、行って来るがよい。」

 

 そして、俺の体は段々と、いくつもの光の粒になっていく。俺は期待に胸を膨らませ、目をつぶった。



「テンプレ異世界転生した俺の末路」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く