路地裏最強は異能力者学園へ

KOGARASI

プロローグⅠ

この世界には異能力という、普通ではありえないものを持ったものが稀に生まれる。

稀と言ってもその数は地球上で億を超えており、その異能力者が集められた学園が存在している。

彼らが目指すのはそれぞれ、ただ強さを求めるものがいれば、技術上昇を目指すものもいる。

学園では『大罪者』と呼ばれる、頂点に立つ7人の者がいる。

それぞれ『傲慢』『憤怒』『嫉妬』『暴食』『強欲』
『色欲』『怠惰』にわかれており、この称号は、
個々の性格から付けられたものだ

彼らはその地位から問題事が多い、だが、その殆どは、すぐ片付いてしまう、

この学園では、問題が起きた時、《決闘》という勝敗システムがある。

大体のことはこれで済んでしまう

『傲慢』は、成績優秀、戦闘力は申し分なく、人当たりが良い、能力は『反転』

『憤怒』は、成績は悪いが戦闘力が高く、怒りやすいが面倒見がよく兄貴と呼ばれることもしばしば、能力は『強化』

『嫉妬』は、成績は上々、戦闘力は唯ならぬ執着心で何度でも立ち上がる、その嫉妬強さから友人は少ない、
能力は『封印』

『暴食』は、成績は上位であるし、戦闘力もなかなかあるが、いつも食事のことばかり考えており食い意地が強いので友人という友人はいない、能力は『コピー』

『強欲』は、成績下位だが頭は悪く無く、素の戦闘力は高い、多くの仲間がおりいつも輪の中心にいる、能力は『強奪』

『色欲』は、成績優秀、戦闘力はそこまでないが能力で凌ぎきっている、誰とでも仲良くなれて憤怒同様、面倒見がよくみんなの姉的ポジションにいる、
能力は『夢』

『怠惰』は、成績中位で、あまり自ら動こうとはせず、人脈もそこまでないが、能力でその座に居続けている、能力は『生成』

この学園は6年間で卒業する、高校と大学が合わさっており、卒業と同時に就職となる。

卒業したものは、大体軍に入り上位7名は特別待遇で、地位を貰える、そうなれば将来安定だ

皆上位7名に入るべく『大罪者』に決闘を挑んでいく


「路地裏最強は異能力者学園へ 」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • レイ・ブラドル・ドラニス

    誤字報告
    7人の頂点に立つ者がいる(あれ?これじゃあ7人の上に1人いるみたいに……いや、自分のニュアンスがいけないんだ。)

    1
コメントを書く