神を使って世界征服

虹ウサギ

スキル

―スキル 黒煙を獲得しました―

黒煙?なんだこれは、それにこの脱力感、おかしいスキルを使ったあとと、使う前じゃ、体の調子が全然違う。
全身が筋肉痛のように痛み、頭がクラクラする

「おい、シャドー、これはどう言うことだ。すごく体がダルいぞ」

「まあそうじゃろうな。まだレベルは1なのに、魔力を調整もせず、全部使ったんじゃから」

「は?レベル1だと、僕はレベル1なのか?」

「当たり前じゃろ、まだチュートリアルなんじゃから」

「なっ、何がチュートリアルだ!どこの世界で、素手で狼の群れを倒すチュートリアルが、あるんだ」

「すまんすまん、それはワシのミスじゃ」

イカれてやがる。だがこの世界に、レベルアップといシステムがあるのなら、こんな僕でも世界最強!とまではいかなくとも、まあまあの、ハッピーライフを送れるのではないか?これは勝ち組だなと、しめしめと思っていたら、

「さぁ早くその狼に止めをさせ」

ん?トドメ?つまりこの寝ている狼を殺せということか?いくら影のように、真っ黒だからと生き物を殺すのはちょっとな。
 なんかグロそうだし、嫌だな

「大丈夫じゃ、この世界に飛ばされた転移者はある程度ギフトがあらかじめある」

「ギフト?」

「そうじゃ、まず一つ目にモンスターを倒すと、素材と経験値だけになる指輪じゃ、これでグロくないぞ」

そういうと、シャドーは一つの指輪をくれた、その指輪は銀色のリング、その中心には黒く光る小さめの宝石が、はめ込まれていた。

「その指輪の宝石は、持ち主の属性の色を表しとる。さらにその指輪には他にも便利な機能がある。」

「アイテムを無限に収納でいきる、無限宝箱、さらに自分のステータスを管理できる機能もついとる」

「へぇ、それは便利だな」

モンスターを、殺して血を見ずにすむのはよかった。とりあえずレベル上げもかねて、この狼を倒すか、

「ごめんよ」

僕はそういい、心から祈りを上げた。そして無限宝箱から初期装備の訓練用ナイフを取りだし、狼の喉笛を切り裂いた、そしたら死体は青い光に囲まれ肉と素材を置いて光になった
青い光は僕の体に入ってきて、一瞬力が沸いたかと思う頭の中に声が響いた

―レベルアップ レベル2になりましたー
ーレベルアップ レベル3になりましたー
ーレベルアップ レベル4になりましたー
ーレベルアップ レベル5になりましたー

うわっ、一気にレベル5になった!まぁ初めはそんなものか、どんなゲームも初盤はレベルが上がりやすい。
多分これが本当にチュートリアルなら、まだ強敵はでないはずだ、今のうちに戦い方を覚えておこう。そうだ、アイテムを回収しなくちゃ。

僕は狼の素材に一歩近づくと、目の前に光の板が浮き出てきた。光の板には、

    狼の肉  ×3
    狼の毛皮 ×2
 狼の爪  ×1
 狼の牙  ×1

と表示されていた、指で触れてみると無限宝箱に収納されましたという文字が浮かんだ

なるほど、必ずしも一匹が決められたアイテムをドロップするわけではないようだ。とりあえず腹が減ったので無限宝箱から狼の肉を、一つ取りだし草原のど真ん中で火を起こし肉を焼いた

ジュー

あぁいい匂いがしてきた、こんがり焼けた肉に僕はかじりついた。異世界に来て初めての食事だった。その日食べた肉は生きてきた人生の中で一番おいしかった





コメントかいいね下さい。三つ来たら続き書きます。

「神を使って世界征服」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く