序列16位の魔法教師

リン

+α 新しい名前

少女に自分の弟子にならないかとヴォルガは尋ねた

「……貴方に弟子入りすれば、強くなれますか?」

「お前の努力次第だ……まぁ自惚れじゃないが、俺は魔法序列5位だ。そこらの魔法師なんかよりかは強い」

その言葉を聞いて、少女は強く答える

「なります!貴方の弟子にしてください!」

(ガンズの為にも……厳しく育てないとな…とりあえず、仲良くなるところから始めた方がいいよな…?)

勢いで弟子にならないかと言ったが、ヴォルガは今まで幾度も弟子入りを志願されたが一度たりとも許可したことはない。初めての弟子にどうすればいいか、少し戸惑っていた

「お前、名前は?」

ヴォルガの問いに少女は答えず、話し始める

「……私の名前を知りたかったら、軍の名簿でも見てください。今までの私はもう死にました……」

「本気か?」

少女が言おうとしてる事は理解している。だが、一度名を捨てれば今までの人生を全て否定することになる。生半可な気持ちでは後悔するだけだ

(俺に止める権利は無いが、覚悟だけは確かめないとな…)

「えぇ、本気です。次の名前はどうしましょうか?………スカル・デスギア骸の死神…なんていいですね」

「そうか……お前がいいなら、俺は止めない」

(……ガンズ、お前は相当好かれてたみたいだ。いい隊長だったんだな……安心しろ、こいつ…スカルは俺が救ってみせる)

ヴォルガは心の中で静かに誓った


「序列16位の魔法教師」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く