黒月軍事学園物語

ゆっくり春咲

三章 第9話〜未知の世界【輝夜・愛子・快斗編】〜

 〜前書き〜
 この物語は輝夜視点のものとなっております。
______________________________________________
 ごごごと空から飛び降りているとき特有の音で私は目を開いた。
「・・・え?嘘おおおおお!なんで私落ちてるのおおおお!」
 目を開くと私は・・・本当にスカイダイビングしてました。しかもパラシュートなしで。
 とりあえず情報整理をしようとすると上から悲鳴が聞こえたので上を向くと愛子ちゃんが落ちて来ていた。愛子ちゃんも私に気づいたようでなにか言っていた。
「輝夜ちゃん〜ー!助けてー!」
 私は腰の裏につけていたナイフ2本を引き抜いた。そしてそれを両肩に突き刺した。そして私はそれを引き抜いた。すると傷口から痛々しいほどの血が流れ出た。そうしたら私は能力を発動した。すると傷口から流れ出ていた血は羽の形へと変わった。そして力を入れるとアニメなどに出てくる死神や天使のように私の体は浮いていた。そのあとちょうど横を通り過ぎた愛子ちゃんの手を握った。そして愛子ちゃんは私の方を向いた。その時の顔はとてもくしゃくしゃになっていました。そのあと愛子ちゃんを慰めながら地面に降りた。
 地面に降りてから愛子ちゃんが落ち着いたあと私たちは今起きていることの情報整理を始めた。地面に降りると刀が2本落ちていた。話し始めたはいいけど2人とも拓人くんよりは頭はいいはずなのに全然話などが噛み合わなかった。そうして私たちが悩んでいると後ろから声がした。
「おーい誰かいないか〜。て、輝夜ちゃんと愛子ちゃんじゃん。」
 後ろを向くとそこには快斗くんがいた。
「え、快斗っち。なんでここにいるの?」
 愛子ちゃんがそう聞くと快斗くんは苦笑いをしながら
「なんか空からダイブしてたから焦って武器を落としちまったから探しに来たんだ。」
 すると私は地面に降りだ時に見つけた刀を取り出した。快斗くんはそれを見ると身を光らせ
「それ、俺の刀じゃん。よかった〜見つかって」
と言った。
 そのあと私はたちは情報整理を始めた。話し合いは快斗くんが仕切ってくれたのでスムーズに進んだ。
 そして私たちが整理をした結果。拓人くんたちと謎の集団を迎え撃ちに行ったらリーダー格の男が魔法陣を展開してそれから放たれた光に飲み込まれ気づいたらここにいた。ということにたどり着いた。本当にここまでくるのに時間かかりすぎちゃったな。そして私たちは拓人と颯斗くんを探すため歩き始めた。私たちが拓人くんたちに出会うのはいつになるのかな。でも早く見つけないと。じゃないとみんなが心配だ。
 歩き始めて1時間ほどした時、私たちは大きな塔のようなものを見つけた。あそこに拓人くんたちがいるかもしれないということで私たちは向かった。塔の近くに着くとそこは大きな都の入り口であった。そして私たちは拓人くんたちを探すため都の中を歩き始めた。

三章 第9話 END
____________________________________________
 今回は僕が1人1人の物語を作るとメンタルが崩壊すると思い、残りのメンツをまとめました。それぞれの単発物語を楽しみにしていた方すみません。

「黒月軍事学園物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く