黒月軍事学園物語

ゆっくり春咲

三章 第8話〜颯斗 覚醒〜

 文也が動き始めたので弾丸とナイフを飛ばすと文也は刀を振った。すると、たった一振りで弾丸とナイフは地面に落ちた。全部弾かれたり切られたりしたのではなく1番最前列の弾丸とナイフを後ろに弾き、それを連鎖的に弾丸とナイフに当て、勢いを殺していたのだ。こりゃぁやばいかもな。
「威勢はいいが実力はそこらの兵以下だな。」
「言ってくれんじゃぁねーか。」
文也の挑発に乗った俺は大剣を大振りで振り降ろすと狼に横から突進され1メートル程飛ばされた。
「くそ、忘れてた。」
飛ばされたことで一旦冷静になれた。俺は大剣を少し工夫し、もう一度生成した。その大剣には拓人の剣のように引き金がついていた。そして大剣を構えた。
「さて、試合再開と行こうかね。」
そう言って俺は大剣の引き金を引いたあと文也に向かってぶん投げた。すると大剣は赤くなり所々湯気が出ていた。あの大剣には引き金を引くと電子コンロのように熱くなるように作ってある。文也は、大剣を真っ二つにするためか縦に刀を振り下ろしていた。
「甘いとどれだけ言えばわかる。お前は絶対に僕には勝てない。」
「詰めが甘いのはお前もだ。」
 文也の刀と俺の大剣が触れると文也の余裕そうな顔がだんだん焦りの表情になっていた。そりゃぁそうだろ。
 なぜなら大剣は地面に落ちないし、文也の刀は だんだん削れていってるんだから。
 あの大剣にはただ熱くなるのではなく引き金を引いてからもう一度引いて機能を停止させるまでの時間が長ければ長いほど熱が高くなるようにしてあり、それに大剣に上からかかる重力を軽くし、大剣から地面にかかる重力を重くなるようにしてある。だから地面に落ちず刀を削り続けていたのだ。
 文也もそのことに気づいたようで切ることをやめ横へと転がるように避けた。大剣はそのまま壁に突き刺さった。
「まさか、隠し球があるとはな?」
「は?何いってるの?あんなの隠し球だと思ってたら俺には勝てないぜw」
 さっきの大剣はあくまで俺の知識を活かしただけで隠し球には入らない。俺の隠し球は別にある。
「さて、そろそろ終わらせるか。俺には行かないといけないところがあるんでね。」
 そう言いながら俺は懐から赤の線が入った黒いカードを取り出した。文也はそれを見て不思議そうにしていた。
「これは、俺にかかっている封印を解除して俺を、本当の創造神にする。」
 そう言って俺はカードに魔力を少し流した。するとカードは白い光を放ち手のひらで回転し始めた。文也は警戒して攻撃してきていなかった。そしてカードが魔法陣となり、俺を飲み込んだ。光がなくなると俺には黒と白の羽が生え、周りには四角い物体が3つ浮いていた。
「さぁ、ここからは俺が支配する試合(ゲーム)の始まりだ。」
 俺は炎や雷などをまとった弾丸を1000万発(配置は前に炎をまとった弾丸が999万発後ろに雷をまとった弾丸が1万発)生成し、文也に飛ばした。文也は弾丸を弾こうとしていたので物体を文也の上に移動させ、塩水を生成し、上から雨のように降らせた。すると炎をまとった弾丸は水に当たると水蒸気をあげた。だが、文也は刀を振り水蒸気を払って弾丸を弾いた。文也はそれを繰り返し弾丸を弾いた。
「姿が変わったと思っても作れる物の数が増えただけか。」
「そんなこと言ってる暇あるのか?俺が飛ばしてるのは炎の弾丸だけじゃないぜ?それにお前そんなにビシャビシャでいいのか?」
 すると文也は不思議そうな顔をした。すると気付いたようで避けようとした。が。
「もう遅いぜ、俺の勝ちだ。」
雷をまとった弾丸が塩水に当たると同時に弾丸の雷は水に感電し最終的にはびしょ濡れの文也に到達した。
 文也は声にならない悲鳴をあげ、やがて気を失った。
「これからはこんなことがたくさん起きるさもな、はやくみんなも元に行かないとな。」
そう言って俺は洞窟を後にした。

三章 第8話 END

「黒月軍事学園物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く