黒月軍事学園物語

ゆっくり春咲

三章 第4話〜緊急事態発生〜

 「試合開始!」
その掛け声と同時に俺はブレードを愛子は剣を抜刀し、互いの距離が1メートルになった時に振り下ろした。ブレードと剣が交わるとその勢いで俺たちはまた距離が開いた。
「おいおい、お前どんだけ馬鹿力なんだよ。」
「これは私の力が強いんじゃないんだよ。あれはこの剣に魔力を流してその上にアクセスをかけてるだけだよ。」
マジかよあいつ化け物だな。これはワンちゃん負けんじゃね。さて、どうするかね。あいつなんならデルタフォースの五大幹部の奴らより強いんじゃね。あ、それはないわ蓮とかチートだし。そんなこと考えてたら愛子はもう俺の近くで剣を振り下ろしていた。
「くそ、これ絶対痛いぞー!」
俺はそうして腕をクロスして剣を受けた。くそいてぇ。そうして腕の痛みに耐えながらもブレードを抜刀して愛子に降った。愛子はそれを剣で防いだが結構な力を入れていたので俺と愛子に距離ができた。そこで俺は剣を抜きアクセスの魔弾を3つ装填して右手に剣、左手にブレードを持ち愛子に突っ込んだ。そしてブレードを振り降ろそうとすると俺はある異変に気付いたのでブレードを止めた。愛子を見ると愛子もそしてこの場にいる誰もが気づいたようだった。膨大な魔力がこっちに来てる?すると急に警報がなったり学園が赤い何かに包まれたりした。そして次にこう放送が流れた。
「ただ今膨大な魔力がこちらに迫って来ています。速やかに避難してください。なお、春咲拓人、菜月颯斗、白月輝夜、潮風快斗、咲夢愛子は直ちに学園長室に来るように。」
 その放送を聞いたあと俺たちは学園長室に来ていた。
中には学園長と教頭がいた。
「今こちらに向かっている魔力は100人ほどの集団だということが確認できた。そこで君達にはその集団の全滅もしくは無力化してほしい。」
集団か、その時俺は1つの可能性が頭に浮かんだ。まさかあいつがこっちに来ているのか?でも一体なんのために?まぁ行くしかないよな。そうして俺たちはその集団の元へ向かった。行く間にデルタフォースの方に連絡していた。そしたら今からこちらに来るとのことだった。集団の前に来ると最近聞いた。聞くだけで殺意が込み上げて来るような声が耳に届いた。
「いやぁ、久しぶりだね。拓人くん。」
まさか本当にあいつだったとはな。そう集団の中でもひときわ目立ち1番魔力が多いリーダーらしきやつは5年前まで俺を監禁していた組織のリーダーだった。するとやつは
「悪いが君達に邪魔をされるのは困るからここらか退場してもらうよ。」
と言い手のひらに魔法陣を生成した。その魔法陣はひかり俺たちを飲み込んでいった。
光に目が慣れて来たので目を開くとそこにはどこまでも続いている海があった。すると後ろから砂浜を歩いて来る音がした。ただの観光客かと思ったが、音が普通に砂浜を歩く音にしては重たかったので一応腰についてるブレードの柄に手を添えてから後ろを向き。
「誰だ!」

三章 第4話 END

「黒月軍事学園物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く