話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

黒月軍事学園物語

ゆっくり春咲

三章 第2話〜愛子の実力と模擬戦再び〜

 目が覚めると今度は布団の上だった。すると、首に違和感を感じたので見ると空色の不思議な力を感じる石がついたペンダントがあった。
「なんだこれ?夢に出てきたあいつに関係してるのか?」
そんなことを言いながら顔を洗い学園に行く用意をして家を出た。
 学園に向かっていると後ろから話しかけられた。
「拓人くん、一緒に行こうよ。」
振り向くと愛子と輝夜、そして颯斗がいた。それから俺たち4人は学園に向かった。そして朝のSHRが始まった。
そこでロバが話し始めた。
「え〜学園長の決定により来週から部活をみなさんには行ってもらいます。」
へ〜部活かだるいな〜
「なお入る部活はこちらが選びます。なので今日1日は試験を受けてもらいます。」
は〜だるいな〜適度にやろうてかどんな部活があるのかな〜
「ちなみに部活は、ナイフなどを使って戦うブレイダー、銃を使って戦うガンナー、魔法を使って戦うウィザードの3つだ。」
少な!どれもだるそうだな〜そんなことを思っているとSHRが終わり俺たちは運動着に着替えていた。
 俺と颯斗は着替えいつぞやの模擬戦でお世話になった。競技場に向かった。俺の武器はブレードと剣、あとは魔弾と支給されたコルト・パイソン、王にもらったと思われるペンダントだ。今日は男女合同らしい。にしても輝夜と愛子のやつめっちゃ注目集めてるな。そんなことを考えていると相手と順番が決まった。1回目は輝夜、次が颯斗、最後が愛子だった。うわ〜最悪。愛子は知らないけど輝夜と颯斗は戦闘になると容赦ないからな〜。やる気をさらに無くしながら俺は観客席に向かった。俺の順番は3番目と10番目そして最後だ。1番目と2番目は5分程で終わった。今回は最大で10分らしい。そして俺と颯斗は入場した。なんか盛り上がってるな。
「悪いが拓人勝つのは俺だ。」
「あ?何勘違いしてるんだ?勝つのは俺だ。」
 そう言いながら俺たちは準備をしていた。俺はブレードの柄に手を添え、颯斗は防刃防弾手袋をつけていた。そして戦いの火蓋が切って降ろされた。
「開始!」
刹那に競技場の中心で衝撃波が発生し、大きな砂埃が上がった。その中から飛ばされる様に俺たちは出てきた。そのあと追撃と言わんばかりに銃弾の雨が降ってきた。
「あんまり俺を舐めんな!」
<伝説物語(レジェンドストーリー)>
「クロス・アーサー。そしてこい聖剣エクスカリバー」
すると俺の前に不思議な力を感じる剣が現れた。そのあとブレードを戻し、剣を抜刀して魔弾を適当に込めエクスカリバーに持った。そして俺は剣の引き金を引いた。
「オラオラー!こんなものじゃぁ俺は止められねぞ!」
運良く3つの魔弾は全て爆発を起こし勢いなどを上げるアクセルだったのでものすごいスピードで俺は弾丸を切って行った。あっという間に弾丸の雨は粉々になり地面に落ちていった。そして地面に着くと同時に颯斗に向かって突っ込んでいった。すると弾丸やナイフが飛んできていた。こりゃ〜やばいなあいつめっちゃ不規則に飛ばしてきてるから捌いても違うものが飛んでくるからいつか当たるな。でもな、颯斗、前までの俺じゃないんだぜ?
そして俺はジャッチメントを使った。
「追加クロス・アテナ」
[我が盾こそ全てを守る光なり]
【ホーリーシールド】
すると光の盾が前に現れ弾丸やらナイフやらを弾いていった。俺と颯斗の距離が5メートル程になると俺はアテナのクロスを解いた。するとめっちゃでかい大剣を振り下ろしてくる颯斗がきた。それを俺は剣とエクスカリバーをクロスするようにしても防いだ。そしてまた俺たちは距離をとった。
「なぁ拓人最後は一振りで決めようぜ。」
「あぁ、いいぞその方が助かる。」
そして俺はエクスカリバーを地面に突き刺し、剣にアクセスの魔弾を込めた。颯斗はなんか作って足に取り付けていた。そして俺たちはそれぞれ構えた。競技場全体に緊張が走った。そして競技場にいた鳥が羽ばたいた瞬間俺たちは中心で剣を振った。
「勝つのは俺だ拓人。」
「いいや俺だ。」
そして颯斗は気がついた俺がまだ引き金を引きていなかっということに。俺はクスリと笑い引き金を引いた。そして爆発的な勢いで振り下ろされた剣は颯斗の大剣と交わると颯斗を大剣ごと吹き飛ばした。すると放送が流れた。
「菜月颯斗が戦闘不能のため勝者春咲拓人。」
そして俺は観客席に向かった。すると愛子にあった。
「次は愛子か?頑張れよ。」
「うん。拓人くんを驚かして上げるよ。」
そして俺たちはそれぞれの場所に向かった。観客席に戻ると愛子はもう入場していた。愛子の武器はサバイバルナイフよりは長くブレードよりは短い剣だけだった。そして相手は刀2本だった。よく見たらあいつ前の模擬戦で俺が倒したやつじゃん。あいつは結構強いからな愛子は勝てるのか?そんなことを考えていると模擬戦が始まった。相手の方は抜刀すると同時に雷をまとったソニックブームが愛子に向かって飛んで行った。あいつ戦い方変えたのか。さて愛子はどうするのかな。すると愛子は避けもせず剣を抜きソニックブームに向かって降っていた。弾くつもりか?するとソニックブームに愛子の剣が触れるとソニックブームが大きくなりその上の量は増えていた。そしてそれは相手にあたり一発KOにしてしまった。恐ろしい敵がまた増えたな。さて次は輝夜。お前を倒す。

三章 第2話 END

「黒月軍事学園物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く