黒月軍事学園物語

ゆっくり春咲

二章第2話〜飛行機ハイジャック事件とアメリカ上陸〜

 飛行機が飛び立ってから5時間が経とうとしていた。隣には人がいないのでゆっくりできる。このまま行ったら安全にアメリカに着きそうだな。あ、フラグ発言かも。座席についていたテレビを見ると今一番見たくなかったニュースを見てしまった。その内容は
ー飛行機ハイジャック相次ぐー
というものだった。あ、まぁ流石に起きないだろ。

 だがそんなことを考えたからか事件は起きてしまった。あのあと携帯を取り出していじっていると後ろからなんかゴツゴツしたものを押し付けられた。後ろを見ようとすると
「動くな。動いたら迷いなく引き金を引く。大人しく携帯を渡せ。」
と声からして男性だと思うがそいつがそう言ったのでいわれた通りに携帯を渡した。抵抗すると何するか分からないからな。携帯を渡すと男は立ち上がり仲間を引き連れてほかの乗客の携帯を取り上げ目隠しをしていた。当然俺もされてる。そしてリーダー格のやつがこう言い放った。
「これから30分に2人ずつ殺していく。変な行動をとった奴はその場で殺す。」
その瞬間周りの乗客が悲鳴などを上げていた。その上俺は真ん中の空いてる席に座らされた。隣にはとても怯えている声からして女性だと思われる人がいた。そして俺は一つの作戦を思いついた。だがその作戦は隣にいる女性に危険が生じるかもしれないから実行するか俺は迷っていた。だから実行するかは隣の女性にゆだねることにした。小声で俺は女性に話しかけた。
「大丈夫ですか?まずは落ち着いてください。」
俺の声を聴くと女性は落ち着きを取り戻した。
「はい。ありがとうございます。」
「落ち着いたばっかりの時に申し訳無いのですがこの状況を打開するために危険かもしれませんが手伝ってもられえますか?」
それを聞いた時彼女はとても悩みそして少し怯えていたが彼女は
「はい。これでみんなが助かるのならどんなことでもします。」
と、言ってくれた。それから俺は作戦を全て伝え実行に移した。
 まず女性がメンバーの1人を呼んだ。なんかリーダー格のやつはどっかに行ったからメンバーを呼ぶことにした。
「どうした?」
「すみませんトイレに行きたくなってしまったので行かせてくれませんか?」
メンバーは「仕方ないな〜」と言ってこっちに来たので俺は立ち上がりジャケットに中に入れてた。ブレードを抜刀してそのまま首を絞めた。それと同時に目隠しを外した。外すと3人くらいのメンバーがショットガンを構えていたので能力を発動させた。
<伝説物語(レジェンドストーリー)>
「クロス・クロノス」
クロノスは時間の神で時間を操ることができる。
 そして俺は今首を絞めているやつの脊髄をブレードの柄で殴って気絶させた後に時間を止めほかのやつも気絶させて行った。そんな感じでこのフロアのメンバーを全員気絶させた。今此処にいる人たちに安全を伝えると大変なことになりそうなので協力してくれた女性だけに伝え俺はファーストクラスのフロアに向かった。
 ファーストクロスのフロアに着くと俺は目の前の光景に絶望した。その光景はリーダー格のやつが1人の乗客を刀で殺していた。その時俺の頭は真っ白になった。そして尾向に向けたものに負けないくらいの殺気を放ちそして
「お前が殺したのか?」
と聞いた。その瞬間リーダー格のやつが腰を抜かして倒れた。そして俺はこう言った。
「お前、簡単に気絶できると思うなよ。俺は殺しはしないから安心しろ。」
そう言った時にはやつにの顔面に一発蹴りを入れていた。そんな感じでやつを痛めつけ気絶させた俺は殺された人の死体の前に立ち
「すまなかったな。これは俺の罪滅ぼしだ。」
そう言って俺はクロノスの力を使い彼の傷などの時間を戻した。クロノスの力は寿命を少し削ることで命を戻すことができる。そして俺は今それを使っている。そのあと乗客の全員に安全を教え携帯を配りそのあと俺は自分の席で時計を見ると4時だったので寝ることにした。
 目を覚ますと朝の光が俺を照らしていた。時計を見ると8時だった。なので俺は降りる準備を始めた。座って待っているとキャビンアテンダントの人が助けてくれたお礼としてコーヒーをくれたのでありがたくもらうことにした。コーヒーを飲んだり、ハイジャック犯の様子を見たりしているとついにアメリカが見えてきた。此処が俺が1ヶ月間生活をする場所か。
 そしてついにアメリカについた。飛行機を出て早々いろいろと聞かれたりした。今の時刻は朝9時半。30分も事情聴取されてたのか。てゆうかついたら輝夜とか颯斗に連絡するって約束してたの忘れてた。じゃぁ今するか。そして連絡をしてからアメリカの警察署を出た。まさか人生初めてのアメリカで初めに来るのが警察署だとは。署を出ると金髪の俺と同じくらいの女の子がいた。すると俺に駆け寄って来て話しかけて来た。
「こんにちは。春咲拓人さん私、デルタフォースに所属しているとユキと言います。今回は上司の命令であなたを迎えに来ました。」
ユキと名乗った少女は車に案内してそのまま乗せた。てゆうか迎えようにリムジンってどうゆうことだよ。
さすがアメリカ考えがクレイジーだぜ。そんなことを思いながら俺はデルタフォース本部に連れていかれた。

二章 第2話 END

「黒月軍事学園物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く