黒月軍事学園物語

ゆっくり春咲

一章第3話〜体育大会開始!〜

 あの日の模擬戦から2週間後、ついに体育大会当日になった。今日はいつもと違い、運動着で登校していた。そしていつもと全然違い俺は余裕を持って登校していた。その理由は、俺の隣でスマホをいじっている奴白月輝夜が原因である。
 朝俺はいつもどおり寝ていると俺の体全体に電気が走ったので飛び起きると俺の布団の前で爆笑していた。だからとりあえずお返しと言わんばかりに電撃を食らわして色々聞くと
「せっかくの体育大会なんだから今日くらいは遅刻しないようにしようよ。」
と、言われた。また寝ようにもまた電撃が飛んでくるので仕方なく朝早くから準備をして家を出て今に至っている。ちなみに模擬戦からの2週間は個人競技の種目や団体戦の作戦などを決めていた。俺は個人競技で障害物競走になった。
 俺が朝からあった悲劇を思い出していると輝夜に呼ばれたのでそっちを向くとスマホを見せられたので見ると颯斗からメールが来ていてその内容は一緒に行きたいから近くのコンビニで待っていてくれというものだった。仕方ないので俺たちはコンビニに向かった。
 コンビニに着くと輝夜がコーヒーを奢ってくれた。普通は俺が奢るものだと思うかもしれないが金がないんだ察してくれ。コーヒーを飲みながら待つこと数分で颯斗が来た。それから俺たち3人は団体戦の作戦の確認などをしながら登校した。
 学園に着くと何人かの生徒が走ったり体操をしたりしていた。なので俺たちも体操やらをして時間を潰した。今日は教室では集合をせず競技場に集合をするので競技場には大量の生徒がいた。あいつら暇じゃないのかな〜?確か競技場では喋ったらダメなんじゃなかったか?そんなことを考えていると集合時間になったので集合をして開会式とかをして俺は颯斗たちと競技を見ていた。ボヘ〜と競技を見ていると放送が流れた。
〜障害物競走に出場する選手は集合場所に集まってください。〜
「お、拓人お前呼ばれてんじゃん頑張れよ〜。」
「拓人君頑張ってね!」
 2人に応援を受けながら集合場所に向かった。
 集合場所に着くとほかの奴が並んでいたので俺も並んだ。そして前の競技が終わったので入場した。入場している間はルールなどが放送で流れていた。ちなみにルールは魔法の使用は禁止でリレーみたいにバトンを回すらしいそれ以外は障害物競走と同じらしい。ちなみに俺は足が速いことからアンカーになった。あ〜やだな〜。
 そして開始のピストルの音が響き渡った。それと同時に最初のやつらが走り始めた。心配だな〜。ちなみに障害物は待ってるやつには見えないようになっている。だから心配なのだ。この学園の教師どもはクレイジーなやつばっかだからどんな障害物があるとかわかったものではない。下手したら重傷を負う奴が現れるかもしれないかな。そんなことを考えているとやっぱりやばいのがあったらしく爆発音とか悲鳴とかがめっちゃ聞こえる。そしてついにぼろぼろの第一走者が見えてきた。どうやったらあーなるんだ?そしてついに俺にバトンが回ってきた。ゆっくり行こう。なんせ残っているは俺のチームを合わせて3チームしかないし今ダントツで1位だし。はしっていると競技場のはずなのに草原が広がっていた。絶対地雷とかあるだろ。あの教師どもめこの学園では死なないからってやりすぎだろ。俺の予想通り後ろではバンバン言ってる。草原を抜けたとも思うと次は砂漠が広がっていた。ここ本当に競技場か?目の前の光景に唖然としているとサラサラと砂が動いているような音がしたから振り向くと砂が沈んで行っていた。アリの巣地獄か?いや違う地面が避けてる?やばいやばい!これ落ちたら絶対ジ・エンドだろ。そんな感じで銃弾の雨やらなんやらを避けてやっと競技場に戻ってきた。結果は俺だけが走り切って1位だった。
 観客席に戻ると輝夜と颯斗が駆け寄ってきた。
「拓人大丈夫か?」
 とか聞いてくるがこれを見て大丈夫に見えたらこいつらの目は終わってるぞ。
「次の競技が最後みたいだからそのあとは昼食の時間らしいから。一緒に食べようよ。」
「あぁ、いいぞ。」
 そんな会話をした後最後の競技を見ていた。絶対来年は障害物競走はしない。マジで死ぬかと思った。おかしいだろ能力なしなのに魔物とか。そんな決意をすると最後の競技が終わり放送で
〜これより昼休みにします。皆さん午前の部お疲れ様でした。〜
と流れた。
「よし2人とも飯食いに行こうぜ。」
颯斗が目を輝かせながら言った。そして俺たち3人は食堂に飯を食いに行った。
 食堂に着くと大勢の人がいた。この学園の体育大会はボランティアとして地域の人たちが生徒達に昼飯を作ってるらしい。なんか文化祭みたいになってる。焼きそばにたこ焼き、それに寿司まであるすげ〜。
「颯斗たちは何を食うんだ?」
「俺はカレーかな。あのカツカレーうまそう。」
「私はサンドイッチにしようかな。」
 全員食べたいものが違ったのでそれぞれで買い一緒に食べることになった。俺はラーメンを貰った。テラスに出ると2人ともすでに食べていた。一緒に食べるんじゃなかったか?まぁいいか。それから俺たちは飯を食べてから観客席に戻った。輝夜は次の競技に参加するらしいので途中で別れた。
 そして数分後、午後の部が始まった。

第3話 END
 

「黒月軍事学園物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く