話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前世は、女なのに、今世は、男?!なんでやねん!!

スティッチ大好き

新しい侯爵様 その1

父上「よく来てくれたね。待っていたよ!ああー、此処では、敬語は、要らないからね。」

ディラン「はい、分かりました。
ですが、この口調に、慣れてしまっていますので、このままでもよろしいですか?」

父上「構わないさ。あー、敬語って、疲れるわ〜!」

母上「あ・な・た?」

父上「ごっ!ごめんなさい!
あっ、いや、済みませんでした!」

母上「あっ、ごめんなさいね。
つい、さっきのままだと、おもって、殺気出しちゃったわ〜!」

父上「勘弁してくれよ〜!
アレックス〜!助けて〜!
母さんが、虐めるよ〜!」

アル「父上、今度は、私の説教を、受けますか?(殺気+威圧付き)」

父上「大変申し訳ござい
ませんでした。反省しておりますので、勘弁して頂きたいです。」
(ジャンピング土下座付き)

アル「反省しているなら、
構いませんが、次は
ありませんからね?父上?
(ニッコリ(殺気+威圧付き)

父上「わ、わかった!だから、その殺気を、やめて下さい!」

アル「いいでしょう。今日は、辞めておきます。」

母上「あらあら、成長したわね〜。
偉いわよ。アル。」

アル「恐縮です。母上。」

ディラン「失礼ながら、王妃様と、アレックス殿下は、国王様に、
少し、辛くあたっていらっしゃいませんか?」

事情説明中

ディラン「国王様、私は、幼き日、
貴方にとっても憧れていました。
ですが、失望しました。
誠に勝手ながら、私の中で、
敬意を払うべき方は、アレックス殿下と、王妃様です。今後、個人的な関係は控えさせて頂く。」

父上「ちょっと、待って下さい!
この前、お酒に、付き合う約束は?!それは、
キャンセルしないよね?」

母上「あ・な・た〜?それは、どういうことかしら?何かあれば、報告してねって言って置いたわよね?」

父上「はっ!すみませんでした!」

アル「父上、後で、
5時間程お話です。ニッコリ」

「前世は、女なのに、今世は、男?!なんでやねん!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く