話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前世は、女なのに、今世は、男?!なんでやねん!!

スティッチ大好き

父上に直談判です!!

「父上!!!」と、私は、いつもより大きな声で、声をかけます。すごくびっくりした様子で、こちらを見る父上ですが、私は、少し怒ってますよ?

「なんだ、いきなり!大きな声で怒鳴りおって!何か用なのか?」
「何かですと?父上?私は、一部の国民から、王族に、暴言なりを、はいたりした場合、不敬罪とし、死刑に、なるとの、噂を、耳にしましたが、これはどういうことですか?ち・ち・う・え?」と、怒気のこもった声で言います。

「なんだ、そんなことか。王族に勝手に、話しかけるのは不敬罪なのだぞ?」と、当たり前のように話す父上に、私は呆れて物も言えないですよ!
「はぁー!それでも、王族ですか?例え暴言だとしても、聞くのが、王族ではないのですか?」
「はっ!そうだな!私は、何を、馬鹿なことしていたのだ?」

「そうです!その法は、即刻廃止すべきです。父上!」

『ふざけるな!要約愚かな愚民共に、復讐出来るのだぞ!国王を、此処まで、操るのにどれだけの金を、かけたと思うておるのだ!小僧!』

はあー!やはりこいつか!宰相である。アディダス・フォン・コールズと、言ったっけ?
コイツの始末面倒くさいんだよ!後釜に、座りたい奴は、いくらでも居るけどさ。あっ!アイツが、いいかな?侯爵の末っ子のジルバに、頼もうっと!


「その者を、ひっ捕らえよ!国王であられる父上を、操った老関者であるぞ!」

さーて、後始末しなきゃ!

「前世は、女なのに、今世は、男?!なんでやねん!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く