話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

前世は、女なのに、今世は、男?!なんでやねん!!

スティッチ大好き

魔法に、ついて

この世界の、魔法は、無詠唱派のようですね!
ありがたいですよ!心は、17歳の人だからね!
大人の厨二病は、周りから、蔑みの目で見られますからね。大変、良かったです。

シャル「アルー!おはようですわー!」

あぁ、愛しきシャルの、声が、聞こえます。
答えて差し上げなくてはね。

アレックス『なんだい。シャル?』

シャル「叔母様が、呼んでいらっしゃるわよ?」

あぁ、それは、急がねば、ならないな?
行ってくるよと、返事を、して駆け出すと、
すぐ、家に着き、リビングに、居る。母上に『母上、何か、ご用でしょうか?』と、聞いてみる。

母「あら、早かったわね!シャルちゃんとの、
ご婚約のお披露目パーティーなのだけど、
今度の週末に、決まったわ!」と、母上に言われ、
私は、早すぎやしないか?と、思ってしまう。だが、
王族ならば、これが、普通なようだ。

『承知いたしました。失礼ながら、 母上。
何を、準備致したら、宜しいでしょうか?』

母「婚約の印に、指輪を、用意しなさいな!」

『かしこまりました。わたしに、用意出来る物で、最高の品をご用意致します!!』と、気合を、込めた一言で言い、すぐに、近くの、ダンジョンへ、はいる。(最高難易度の、ダンジョンである。)

そして、三日かけて、クリアし、選び抜いた最高の宝石で、指輪を、作成する(指輪の作成は、職人だがね。)
そして、婚約お披露目の、この時、彼女の、この指に、この指輪を、してあげたら、泣いて喜んでくれたので、安心してしまい、ぶっ倒れた。(彼女の、養父上様が。)

それで、その場の皆は、凄く慌てていたよ!
この私で、さえも、とても、驚いてしまうほどだ。

その翌日、養父上様は、お加減は、良くなられたようだ。良かった!  


「前世は、女なのに、今世は、男?!なんでやねん!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く