【DEEP・BLOOD】

六道 屍

第19話

▲装●金!!

なんてな?


        再構築



 「これから調査任務に戻りますが、暫くこちらと行動を共にしませんか?」

 渡りに船だった。こちらから願い出ようと思っていた程だ。断る訳が無い。

 「有り難い。そうさせて貰う。一応そちらの指揮下で構わないのか?」

 「そうさせて頂けると助かります。あくまで一時的な物ですので、ご了承下さい。それとハンドサインとコードネームも覚えて貰えますか?」

 「了解した。一時的にそちらの指揮下入る。宜しく頼む。ポジションはどうする?」

 俺は前衛よりだが、妹は後衛よりだ。

 「私と優さんが真ん中、隊長と蓮さんで前後をお願いします。」

 「俺が前に出よう。」

 先程と変わりないポジションだな。

 「あぁ、それともう一つ。隊長さん、右肩出してくれ。」

 一応試しておく。

 「ん? これでいいか?」

 服を脱いで肌を出してくれ、と言いながら集中。隊長さんは不思議がりながらも従ってくれた。

 見ると傷口が悲惨だった。

 「まず、傷を綺麗にするか。」

 『修復』、次いでに麻酔も掛けておいた。(と言っても感覚を遮断しただけ、一応保険)

 「じゃ、やる。」

 修復した部分に手を当てる。そして、

 《最構築》

 腕が戻る訳ではない。そも、材料・・が無い。だから義手を腕として再構築する。材質……………俺の《黑鎌アダマス》と同じで良いや。頑丈だし。

 少しづつ腕が出来る。骨、筋肉と一見すると真っ暗な普通の腕だ。スキンを被せておく。これで普通の腕に見える。遮断した感覚を戻す。

 「腕の材質は特殊なヤツだから、説明出来ない。スキンは脆いから、気を付けて。動かして違和感なければ問題無し。初めてやるから保証は無い。」

 そう言って離れる。

 「保証は無いって、実験体にすんなよ。……つっても問題ないようだがな。どうなってんだ?」

 不思議そうだ。説明する。

 「簡単に言えば、物凄く精巧な義手だ。感覚も通っているしとても頑丈だ。普通の腕と変わらない筈だ。」

 「確かに変わらないな。寧ろ調子良い位だ。どうやった? てか、黒かったよな?」

 ですよね。

 「俺の能力による物だ。材質についてはさっき言ったが、言えない。問題は無い筈だ。」

 流石に言えない。あのと同じとか。

 「まぁ、深く考え無いでくれ。それと、戦闘出来るように調整している。それも確認しておいてくれ。」

 問題無い………はず。

 「おう。何だか分からんが助かる。使って判断するが、後から調整出来んのか? 後、代償はどうした。」

 「多少の調整は出来る。代償は腕の100倍位の材料で賄ったから問題無い。」

 代償は割と自由度の幅が広い為、やり易い。

 「んじゃ、試しながら行くとするか。」

 準備を終え、探索に戻る。





■体錬 の方が良かった?

なんてね?

「【DEEP・BLOOD】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く