【DEEP・BLOOD】

六道 屍

第10.5話

ピンポンパンポ~ン、あ~テステス
 え~、今回は本編とは関係あr……あるかも
チョイ、ネタバレあるかもだ       by.蓮


         設定紹介



優 「ドキドキ、ワクワク、パーソナル・データ・プロファイリングぅ~。イエーイ、ドンドンパフパフ。」

蓮 「テンション高いな、優。」

優 「いやぁ~、こーゆーのやってみたかったんだよねぇ。」

蓮 「良く分からん事が良く分かった。取り敢えず落ち着け、優。」

優 「オッケェ~、ダイジョブだよ。落ち着いた。とゆー訳で改めて。ドキドキ、ワクワkぅぐっ。」

       優←蓮 頭を叩く

蓮 「それ、もういい。長いし。」

優 「お兄ちゃんの愛(物理)が痛いっ!!」

蓮 「早く進めろ。それとももう1発いくか?」

優 「もう1発イク!? もぅ~、お兄ちゃんったらこんな早くかr…。スイマセン、進めます。ちゃんとやるので許してください。」

蓮 「ちょっと、裏行くか。」




       暫くお待ち下さい




優 「激しかったよぅ~、クスン。」(チラッ)

蓮 「ちゃんとやれ。次はビンタな?」

優 「分かったよぅ。それじゃ、え~と、まずはわたし達から紹介するよ。」




名称 天宮 蓮

年齢 22歳  性別 男

能力 詳細不明

能力詳細 詳細不明
現段階で分かっているもの 収納、復元、身体強化等

1人称 俺、自分

性格 気分屋、極端、リアリスト(基本的)

武装 黑鎌アダマス他状況に応じて使い分ける

その他
 かなり人間性が欠如しており、必要で有れば人間、それこそ身内であろうとあっさりと切り捨てる。自分に必要なものは何を犠牲にしてでも守ろうとし、必要無いものは何であれ切り捨てる極端な性格をしている。
 又、人間不信であり信じられる人間が極端に少なく警戒心が異常な程強い。







名称 天宮 優  
Voiヴォイス・イメージ 現役剣道部な緑の妖精さんがベスト

年齢 17歳  性別 女

能力 永久凍獄コキュートス

能力詳細 氷の生成(現状)

1人称 わたし

性格(兄限定) 兄至上主義 快活、素直、従順etc

性格(その他) 臆病、内向的、無気力etc

武装 能力主体+状況に応じた物

好きな物(+人) 兄、可愛い物

嫌いな物(+人) 人種全般(特に男)、兄の敵

その他
 かなり兄に依存した価値観をしている。兄が居ないと衰弱死するレベルにある為、常に兄と一緒に行動する。
 兄の存在が絶対である為、その他の事は殆ど興味を持たない。代わりに兄の為ならどの様な事でも成し、命すら投げ出す。
 学校には通っていないものの、学力は高く兄と同レベルかそれ以上のスペックを持つ。
 兄と同じく、人間不信である為、兄以上に警戒心が強く、人付き合いは絶望的である。
 尚、僅かながら友人がいる模様(兄経由)







 その他の登場人物等

 母 氷漬け&頭部破損でEND

 父 3人いる。一人は収監中

 先輩 蓮の先輩。数少ない信じられる人間。

 軍人さん(雄) 頭のイカれた狂人(仮)

 スラゾンさん 色んなタイプがいる。スライムゾンビ。ゾンビスライムは駄目らしい。理由は可愛く無いから(by.優)

 クロクマさん 真っ暗いクマさん。グロい奴。闇堕ちしたクマの○ーさん







優 「こんな感じかなぁ~。」

蓮 「まぁ、こんなもんだろ。」

優 「よし。じゃぁ~ここまで。おつかれでしたぁ~。」

蓮 「あぁ、おつかれ。」

優 「あ! そだ。忘れない内に。え~、こんな感じで偶に紹介が入るよ。今回は初めてだから少ないけど、随時更新されるので楽しみにしててね?」

蓮 「メタい発言だな。」

優 「いーんだよ。こーゆーの大事だよ? 設定公開みたいなヤツないと説明長くなるしメンドーだよ?」

蓮 「面倒なのはゴメンだな。」

優 「とゆー訳で、今回はここまで。次回もお楽しみに。バイバーイ。さぁ~お兄ちゃん、ご褒美ちょ〜だい♡」

蓮 「よし、きた。」


蓮   _, ,_ 
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´)
       優








「【DEEP・BLOOD】」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く