全力!野球道

広野 生紀和

今日から高校球児

今日から私立光学園高校ひかりがくえんこうこうに通う高校生、若松聖司わかまつせいじ

彼は自分の夢を叶える為に光学園に入学した。


その経緯けいいは後々話す事にする。


若松は迷っていた。

入学式が行われる体育館を見つけられずにいた。


「やべぇ…試験の時教室しか行ってないから、体育館の場所全然わからん…」


若松は通りがかった女子生徒に声を掛けた。


「あの~すいませ…」

「きゃっ!な、何で男の人が!?」


そう言って走り去ってしまった。

他の女子生徒も、若松を物珍しそうに見ていた。


若松がどうしようか迷っていると、若松の横を男子生徒が通り過ぎていった。


「ちょ、ちょっと!」

「…俺ですか?」

「そうそう!君、体育館の場所知ってる?」

「はぁ?今から行く場所やのに知らん訳ないじゃないですか…」

「一緒に行ってもええかな?」

「いや、ま~ええけど…」

「よっしゃ!ほな行こう!」


若松と男子生徒は体育館に向かって歩き出した。


「俺、若松聖司!君は?」

「俺は安田太一朗やすだたいちろう。よろしく、若松君。」

「聖司でええよ!な~太一朗は何で光学園に入ったん?」

「俺は安田財閥ざいばつ御曹司おんぞうしで、理事長の源田綾げんだあやさんの経営術を学んでこいって父さんが…」

「えっ…太一朗って安田財閥の社長の息子なん!?」

「あんまり言いたくないんやけど、後々学校経営もしていくからその勉強の為に…」

「そうか、綾さんに…」

「ん?何や、君は源田先生を知ってるんか?」

「知ってるって言うか、この学校に入るきっかけをもらったって言うか…」

「どうゆう事?」

「実は俺な…」








若松がまだ何処どこの高校に通うか決めていなかった中3の秋。

街を走っていると、荷物を沢山たくさん持ってたたずんでいる中年女性がいた。


疲れた表情をしていたので、若松は声を掛けた。


「おばちゃん、大丈夫?」

「えっ?あ~大丈夫やで。ありがとう☆」

「荷物めっちゃあるやん。よかったら運ぶの手伝うで☆」

「う~ん…」

「別にったりせえへんで?おばちゃん、困ってるみたいやったから…」

「いや、別にそんなん思ってないけどね。何か…悪いし…」

「トレーニング終わって帰るだけやったから。気にせんでええよ!」

「そう…じゃ~お願いしようかな☆」

「よっしゃ、ほな行きましょう!」


若松は荷物を大半持って歩き出した。

しばらく歩くと、中年女性は大きな建物の中に入っていった。


グラウンドや廊下は女子生徒であふれかえっていた。


「ここって…学校やんな?」

「そうやで。光学園って言う女子校なんやけど…知らん?」

「俺、ずっと野球やってたからあんま女子校とか知らんねんな…」

「へぇ…野球を…ここやで。中でお茶でも飲んでいって☆」

「理事長…室…」


若松は理事長室に案内されて中に入った。

中はとても綺麗にされていて、思ったよりも広かった。


「さ~座って!今コーヒーでも持ってきてもらうから☆」

「は、はい…失礼します…」

「どうしたん?急に敬語なって…(笑)」

「いや、理事長先生やと知ったら急に緊張してもうて…」

「別にうちの生徒じゃないから、そんな気遣わんでもいいのに…」

「はは…(笑)」

「そう言えば自己紹介してなかったね。私は源田綾。」

「あっ、若松聖司です!中3です。」

「へぇ~まだ中学生やったんや…高校は何処行くか決めてんの?」

「一応大和館高校やまとかんこうこうに誘われてますけど…」

「大和館って野球強いとこなんちゃうん?若松君って野球上手いんやね☆」

「いや、俺はついでって言うか…行こうかどうか迷ってますし…」

「えっ?どうゆう事?」

「実は俺…」


コーヒーが運ばれてきて、一息ついて若松は言った。


「俺は野球部のない高校に行って、一から野球部作って甲子園に行くのが夢なんです!」

「へぇ…そうなんや…」

「ま~色んな人に現実味ないって、反対されてるんですけどね…」

「若松君…」

「はい?」

「あなたは運があるわ!」

「えっ…どうゆう事ですか?」

「うちの学校来年共学になるの。勿論もちろん野球部はないし、どれくらい人来るかはわかれへんけど…」

「マジっスか!?」

「良い夢じゃない☆どうするか決めるのは若松君やけど、まだ他に学校見つけてないんやったら…」

「行きます!」

「そう!じゃ~これパンフレット☆」

「ありがとうございます!」

「ちゃんと勉強せんとアカンで。うちに入れるって決まった訳じゃないんやから…」

「あっ…そうですよね…」

「頑張ってね☆応援してるわ!」

「はい、頑張ります!」


若松は光学園のパンフレットをかかえて、学校を後にした。

そして若松は光学園を受験し、見事合格。


現在に至る。








「…いや、やっぱまた今度言うわ!」

「何でなよ、俺も言うたんやから君も言えよ。」

「絶対言うから!ほら、もう体育館着いたし☆」


若松と安田は体育館に着き、中に入った。


「え~っと、俺の席は…」

「じゃ~俺こっちやから…」

「おう、ほなまた!」


若松は自分の名前を見つけ、席に座った。

しばらくして入学式が始まった。


そして終わった。

若松はいつの間にか寝ていて、安田に起こされた。


「ん…お~太一朗…」

「君、入学式で寝るなんて大した度胸やな…源田先生がずっと君の方見てたけど…」

「ヤバ…寝てんのバレたかな…」

「顔知ってるんやからバレるやろ…じゃ~俺行くから…」

「お~ありがとう…そう言えば太一朗って何コースなん?」

「俺は特進コースやけど…」

「えっ!?特進ってめっちゃ賢いコースやん!」

「てか座ってる場所見たら大体だいたいわかるやろ?君は文理コース。それじゃ~…」


光学園には5つのコースがあり、文理コース、特進コース、スポーツコース、教育・福祉コース、芸術コース。

更にH組、K組、R組の3クラスに分かれる。


クラス編成は成績順や選択科目によって行われる。


若松は文理コースのR組。

クラスに男子はおらず、若松はこの状況が苦痛だった。


放課後、若松は理事長室をたずねた。

光学園に合格したら、理事長室に来るように言われていたのだ。


「失礼します!」

「あら、若松君。よく眠れたかしら?」

「す、すいません…」

「合格したようで何よりです。それで野球部の事なんやけど…」

「は、はい!」

「職員会議で部活の話が出た時に反対意見が多くて…何とかある条件付きで許可されるようになったんやけど…」

「条件って?」

「男子生徒の全員入部と顧問、全員そろえる事が出来たら、練習場所と部室を用意しましょう。」

「…」

「ゴメンなさい…私も立場上これくらいしか出来なくて…」

充分じゅうぶんです!ありがとうございます!」

「若松君、頑張ってね…陰ながら応援してるわ☆」

「はい!あっ、でも今日から名乗ってもいいですよね?」

「えっ?」

「俺は高校球児…って!」

「ふふ…(笑)勿論!」

「それじゃ~失礼します!」


若松の過酷かこくな試練が始まった。

だが同時に、夢への第一歩を踏み出した。


高校球児としての物語のスタートである。

「全力!野球道」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く