異世界は神様とともに

うん小太郎

第一章 006 「魔力と決意」

「では、始めるとするか」

 ホープを再び“無”へと連れてきたカルトはホープにそう告げた。
相変わらず何もない所だが、ホープにとってなぜか居心地のよいところであった。

「始めるっつっても、何するんだ?」

 “無”に連れてこられてから説明をされてないため、何をするのかがわからないホープは始めようにも始められない。

「まずは儂の手を握って魔力を放出してくれ。お前の魔力量が知りたい」

「魔力って。俺、魔法使えんのか?」

「使えるかどうかはお前次第だ。それに、魔力量と魔法が使えるかどうかは別問題だ」

「魔力を放出って。そんなやり方知らねぇよ?」

 ここに来てから、魔法というものと関わったのはバックパックと蛇車だけのホープは、自分の中に魔力が存在するのかどうかすらわからなかった。

「簡単だ。想像するんだよ。不知火を呼び出したときと同じだ」

「わっかんねぇ。とりあえず、手を握ればいいのか?」

 ホープはカルトの方に近づき、手をとった。カルトの見た目は20代後半くらいだったが、手だけは農家のおじさんのようにしわくちゃだった。

「目を閉じて神経を手に集中させるのだ」

 言われたとおりに目を閉じ、手に集中する――

 自分の中で何かが動くのが感じる。
 血液のように体を循環している。
 これが魔力なのか?
 その何かを手に集中させる。
 何かが身体から溢れ出していく
 あぁ、これが、魔力だ…………

 ――ホープは周りが異様に騒がしくなったのを感じた。

「絶対に儂が良いと言うまで目を開けるなよ!」

 カルトがそう叫んだ。何があったのだろう。慌てている様子のカルトにホープは不安になる

「よし、いいぞ」

 少したって、カルトから目を開ける許可が降りた。
ホープは目を開けた。先程と同じようにカルトはホープの手を握っていた。

「どうだったんだ?俺の魔力は」

「朗報と悲報、どちらから聞きたい?」

 カルトは苦笑いしながらホープに問いかける。その問いかけにホープは動揺するが、即答であった。

「朗報で」

「じゃあ、朗報からいくぞ。お前の魔力量は異常だ。莫大な魔力を持っている。多分、儂よりあるだろう」

「すげぇ!俺の魔力、そんなに多いのか。で、悲報は?」

「お前は魔力を制御できない。それ故に、お前は魔法がほとんど使えない」

 ……ホープはカルトが言っている言葉の意味を理解できなかった。

「莫大な魔力は持っているが、使えない?どういう事だ?どうして?」

「この世界の人達は皆、魔力が無い状態で産まれてくる。成長する事で魔力を手にすることで、簡単な魔法から少しずつ使えるようにして、魔法に対する耐性をつけているのだよ」

「魔法が無い状態からいきなり莫大な魔力を手にした俺は、魔力への耐性がないから、使いこなせないか」

 カルトが話を終える前に話を理解したホープは自分の口で最後の結論を言った。

「だ、だが、1つだけお前にピッタリの魔法がある!」

 がっかりするホープにカルトが慌てて声をかけた。そして自分の懐から1冊の本を出した。

「結界魔法の1つに、まだ名前の知られていない魔法がある。光の壁を操る魔法だ。自由自在に変形する」

「その魔法は俺にも使えるのか?」

 少しの希望が見えたホープは恐る恐る聞いた。

「この魔法は膨大な魔力を消費するんだ。だから魔法への耐性なんてなくても魔力を垂れ流すだけで使える。この魔法の名前さえわかれば、お前は使いこなせるだろう」

「名前を見つける?どうやって?」

「武器と同じく、お前が聞くのだよ。この本を渡しておこう。読めないだろうが、その本に魔法が封印されている」

 カルトは、ホープならすぐにこの魔法を使いこなせるだろうと信じていた。根拠なんて何もないが、彼の目を見るだけでそんな気がしたのだ。

「わかった。ありがとう」

 その本をもらい、ページをペラペラとめくってみる。だが、本は白紙であった。
 魔法の名前か。それがわかるまで、不知火と一緒に頑張るしかない。
 この世界を救い出すにはこの魔法も必要だが、ミーニスやミルバ、タルボを守るのだから、時間をかけていられない。
 ホープは自分の頬を強く叩き、深呼吸をして、決意を固めた。


「カルト。俺に、剣術を教えてくれ」


「異世界は神様とともに」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く