異世界は神様とともに

うん小太郎

プロローグ

「お前は死んだんだ」










 僕の名前は二鳥 希望(にとり ほーぷ)。
 ただの中学生であり、今まで平凡な毎日を過ごしていた。
そして、これからも平凡な毎日を過ごそうとしていた。
 そんな僕だが―――死んだんだらしい……

「異世界は神様とともに」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く