話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい

kiki

検死3 救えなかった男

 




 振り上げられる巨大な腕。
 夜空を分断するように天高くそそり立つそれに向けて、ライナスは弓を引く。
 あれが様々な生物を接続、あるいは同化して作られた腕だとするなら、その数は無限ではないはず。
 どうせ本体を狙ったところで傷口がねじれ、まともにダメージは与えられないのだ。
 そしてフラムがいない今、コアの破壊も困難。
 ならばまずは堅実に、腕の弱体化を狙う。

「女が逃げたぞ、残念だったなヒューグ。二人いたら、壊れるまで一時間ぐらいは楽しめそうだったのに」

 貞操帯から解き放たれたヒューグは、もはや欲望を隠しもしない。
 フラムたちがいなくなったその苛立ちをぶつけるように、彼はライナスに向けて腕を叩きつける。
 ズオオオォオオンッ!
 大地を揺らし、地面をえぐり、地形を破壊する強烈な一撃。
 これがただ腕を振り回しただけで実現するというのだから、恐ろしい威力である。
 飛び上がって回避したライナスは、さらに風を身にまとい空中でもう一度ジャンプし、首を狙って飛来する魔力の刃をかわした。

「相変わらずわけわかんねえ攻撃だなッ!」

 騎士剣術キャバリエアーツ虐殺規則ジェノサイドアーツは、まだ理解できる。
 だが正義執行ジャスティスアーツは、バートの説明を聞いてもいまいち納得できないのだ。

 正義執行ジャスティスアーツとは、体内に存在するエネルギーである魔力を、魔法とは別の形で顕現させる技術のこと。
 そもそも魔法は、生まれながらに持つ属性のものしか扱うことが出来ない。
 さらに、自分の属性であっても、十分な魔力量と、体内の魔力を精密にコントロールし、そして己の望む形に変える集中力と想像力が必要である。
 余談ではあるが、発動時に魔法の名前を宣言するのは、その想像を手助けするための手法の一つだ。
 だが、正義執行ジャスティスアーツには属性など関係ない。
 魔力というエネルギーを、己の心や内面に応じた形に変え、武器を介して外に放出する。
 もっとも、魔法より習得が面倒な上に、魔法ほど自由自在に魔力を操ることが出来ないという欠点から、教会騎士団の人間ぐらいしか使っていない。
 結果、臆病さと勇敢さを兼ね備えたバートは障壁という形で力を顕現させ、『正義を執行するために悪を殺せばいい』とシンプルに考えるヒューグは、敵の首を執拗に狙う刃という形になったらしいが――

 やはり何度考えても、なぜヒューグがそのような結論に至ったのかが、全く理解できない。
 どうやら騎士団に入る前は繰り返し女性を襲っていたこと、そしてその後は貞操帯を身に着け、そのおかげで才能が開花したことが関連しているようだ。
 しかしまあ、ライナスにとってはどうでもいいことだし、思考のリソースを割くだけ無駄なのだが。

 首を狙った斬撃を回避したライナスは、空中を舞いながら矢を放つ。
 腕に命中すると、矢じりが風魔法によって炸裂し、その表面を削った。
 だがすぐに内側から新たなパーツが湧き出てきて、傷を埋める。
 その程度は予想の範疇だ、落ち着いて、次の一撃が来る前に、同じ場所を狙って射抜く。

「目障りだな、あいつ。ああそうだな、ヒューグ。でも――」

 ヒューグは地表を削り取るように全てを薙ぎ払う。
 迫りくる腐臭を放つ壁を前に、ライナスは高く飛び上がった。

「――男もたまには悪くないぞ、ヒューグ」
「勘弁してくれよっ!」

 頬を引きつらせながら、三本の矢を束ねて放つ。
 冗談には聞こえない、欲望が満たせれば誰でもアリなのか。

「そう思うと欲しいな、お前でもいい、誰でもいい、注げるのなら肉ならば」

 するとヒューグの腕が急速に、普通の人間の腕と同じサイズにまで縮んだ。
 そしてその先端が、まるで剣のように尖った形状に変形する。
 今までが機動性を犠牲にして威力に特化した形態だとしたら、これは――

「男だろうが女だろうが、内臓への挿入は等しく暖かくて気持ちいいらしいな、ヒューグ」

 高速移動形態とでも呼ぶべきだろうか。
 身軽になった体で、ライナスに接近するヒューグ。
 その速度は、普通の人間だった頃の彼を遥かに上回っている。
 スピードに自信のあるライナスですら焦ってしまうほどだ。

「速さでの戦いなら乗りたいところだが……今はんなことしてる場合じゃねえんだよ」

 彼のプライドはナイフでの戦いを望んだが、あんな化物と正面から撃ち合うなど正気ではない。
 心を切り捨て、時間稼ぎという役目に専念する。
 まずは後退しながら矢で足元を狙い、牽制。
 普通の矢と、炸裂、分裂を織り交ぜつつ、多彩な攻撃でとにかく近づかせない。
 ヒューグは幾度となく腕で空を切り、正義執行ジャスティスアーツによる首狩りを狙ったが、全てライナスに避けられてしまった。
 彼の強みは、通常の斬撃と首を狙った斬撃の同時攻撃だ。
 それは化物になった今でも変わらない。
 ゆえに正義執行ジャスティスアーツのみでの攻撃は、大した脅威ではなかった。
 もっとも、動きを阻害するばかりで、ライナスの攻撃も彼にまともなダメージを与えられていないし、彼自身もその欠点を把握しているはずなのだが。

「そろそろ来るか……?」

 つまり、何かしら現状を打破するための方法を、持っているということ。
 そして敵の外見と、オリジンコアを使っているということから推察するに、おそらくヒューグはあの腕から何かを出してくる。
 まるで答え合わせをするように、彼はライナスを追いかけながら腕を前にかざした。
 するとその一部が、ずるりと地面にこぼれ落ちる。

 それは様々な生物のパーツを組み合わせた、キマイラよりもさらにでたらめな生命体。
 前足は猿で、後ろ足は鳥。
 他の体も顔も何もかもが、モザイクアートのようにつぎはぎで作られている。
 そいつは器用に四本の足を使い、ライナスに接近した。

 ライナスは二本の矢をつがえ、一方でヒューグを、もう一方で産み落とされた怪物を狙う。
 無論、一人を狙ったときより威力も精度も落ちる。
 ヒューグは足元で爆ぜたそれを軽々と避けた。
 しかし怪物の方は、あっさりと粉々に砕け散る。
 耐久性は大したことないようだ。

「数で攻めてくるタイプか……」

 再び答え合わせ。
 ヒューグはまた腕を前にかざし、今度は十体ほどの怪物を産み落とした。
 速度もヒューグ本人より緩慢だが、このまま物量で押されれば、いずれ追い詰められる。

 ライナスが進んでいるのは、フラムが逃げたのとは別の方向だ。
 ヒューグは目の前に存在する敵に集中しているようで、あちらを追跡する様子はない。
 フラムが安全域まで離れるのに必要な時間は、あと二、三分と言ったところか。
 他のコアを取り込んだ人間の実力からしても、今のヒューグが全力を出し切っているとは考えにくかった。
 下手に藪蛇をつついて本気を出されるより、その前に逃げ切ってしまいたい――そう考えたライナスは、弓を降ろして彼に背中を向けた。
 そして全速力で、先にある木々の生い茂る山に向かって駆ける。

「私は自慰が嫌いだ、寂しいから。母は私を愛してはくれなかった、認知もされずに金にならないと嘆くばかりだったのさ。だから逃したくないんだよ。そこに穴があるから。だろう、ヒューグ」

 ヒューグも一段階ギアを上げ、腕を振り彼を追いかける。
 山に突入すると、ライナスは木々の間を抜け、時にその幹を蹴って加速しながら前進した。
 一方でヒューグは、立ちはだかる樹木を強引に腕で薙ぎ払い追いかけてくる。
 無論、腕を振るうたびにタイムラグが生じてしまう。
 その差が、二人の距離を徐々に離していった。

 確かにコアを取り込んだことで、ヒューグの身体能力は向上しただろう。
 しかし、どんなに肉体が強化されたところで、彼には高速戦闘の経験や慣れ・・がない。
 その差は、コアをもってしても埋められないものだ。
 子供の頃から、冒険者として王国の各地を渡り歩いてきたライナスは、あらゆる地形に対応した動き方を身に着けていた。
 たとえ一度も踏み入れたことのない森だったとしても、方法さえ心得ていれば、立ちはだかる木が進行の障害になることはない。
 むしろ相手の視界を妨げる遮蔽物として、有効活用できる。

「力があるからって、油断しすぎたな」

 得意の地形に誘い込んだライナスは、背後から接近するヒューグとは別の方向に矢を放った。
 するとそれはぐにゃりと曲がり、迂回して敵を射抜く。
 ヒューグは直前で反応し叩き落としたが、誘導弾は一射だけではない。

「煩わしい、どうして私に抗うのかがわからない。気持ちよくなりたいのは万物共通の願いだろう? なあ、ヒューグ」

 見えない場所から飛来する矢に、彼は苛立っていた。
 大したダメージはない、腕で振り払えばいいだけだ。
 しかし、耳元を飛び回る羽虫にストレスを感じない人間はいない。
 一刻も早く叩き潰して、そして溜まりに溜まった欲望を、その開いた傷口にぶちまけてしまいたい。
 彼は天高く腕を伸ばし、それをライナスがいると思われる方向に叩きつける。
 山が真っ二つに割れるかと思うほどの、重い一撃。
 さらにそのまま薙ぎ払い、目の前に立つ樹木を根こそぎ排除した。

「よく見える、私の犯したかった肉もあそこにいるよ、ヒューグ」

 高く跳躍したライナスは、まだ辛うじて無事な木の上に立ち、ヒューグを見下ろす。

「これで視界が晴れたって喜んでんのか? 滅茶苦茶やりすぎなんだよ、お前」

 そして呆れ顔でそう言い、複数の矢を天に放った。
 矢はある程度の高度まで上昇すると、くるりと方向を転換し下降を始める。
 さらに途中で弾け、複数の破片が雨となって降り注いだ。
 それらは地面に当たっただけでは止まらず、地中深くに埋まっていく。
 ズドドドドォッ!
 くぐもった爆発音が響いた。
 土に沈んだ破片が全て爆ぜたのだ。
 そして、ヒューグが木々を薙ぎ払ったことで緩んでいた地盤が、崩壊を始める。
 体の奥底に響くような地鳴りと、足元の揺れに、彼の動きが止まった。
 そして斜面は崩壊し、大量の土砂がちっぽけな人間を押しつぶしていく。
 急いで腕でガードするヒューグだったが、自然の脅威には敵わない。

「山を舐めるな、って騎士団の訓練で言われたはずだ。少なくとも俺は、先輩から耳が腐るほど言われてきたぞ」

 ライナスは巻き込まれぬよう、さらに山の上へ移動していた。
 すっかり土砂に飲み込まれ、ヒューグがしばらく身動きが取れなくなったことを確認すると、そそくさと撤退を始める。
 さすがにここから追いつかれることは無いだろう。
 もっとも、まだ死んだわけじゃない。
 いずれ安全な地域にも進出して、町を潰し虐殺して回るはずだ。
 その前に、どうにかしてトドメを刺す方法を考えなければ。

「ま、今は逃げるけどな。フラムちゃんたちがキマイラに襲われたりしてなけりゃいいけど――」



 ◇◇◇



 フラムを追って山を降りたライナス。
 おそらくこちらに逃げたはずだ、と当たりはつけていたが、なかなか見つからない。

「こんなことなら、待ち合わせ場所ぐらい決めとくんだったな」

 ライナスは頭をかきながらぼやいた。
 彼も、突然のヒューグの登場に焦っていたのだ。
 とはいえ、この暗闇の中、長時間の単独行動は避けたいところ。
 茂みを抜けて、町と町とを繋ぐ街道に出た彼は、足を止める。
 北と南へ続く比較的広い道は、魔力街灯で淡く照らされていた。
 そこで周囲を見回したライナスは――女性が一人、佇んでいるのを発見する。
 白いローブに、金色の髪の女。
 たとえ後ろ姿であっても、ライナスが彼女を見間違えるはずがなかった。

「マリアちゃんっ!」

 それは紛れもなく、ライナスの探していた本人である。
 マリアは彼の声を聞くと、ゆっくりと振り返る。
 ライナスは彼女に駆け寄り、手を握ると、無表情な仮面を見て無事を喜んだ。

「よかった、もう会えないかと思ったよ。怪我は無いか?」

 マリアからの返事はない。
 彼女はじっと、無言でライナスを見つめている。
 その雰囲気で、ライナスは彼女が自分との再会を歓迎していないことを察した。
 元々マリアは、オリジン側の人間だ。
 怪我などするはずがないのだ。
 だというのに心配そうに声を掛けるライナスの行動は、ひょっとすると白々しく写ったかもしれない。

「まだわたくしの心配をしてくれるのですか」

 マリアは悲しげに言う。
 数えきれないほどの罪を犯してきた自分を、なぜライナスは見捨ててくれないのか。
 そんな笑顔を、自分に向けてくれるのか。

「心配されたくないんなら、俺と一緒に来てくれよ」
「わかっているんですよね」
「何のことだ?」
「わたくしがここにいる理由です」

 ライナスは「はぁ」と肺に溜まった重苦しい空気を吐き出す。
 今までも目を背けてきたわけじゃない。
 微かに残っていた、“最良の可能性”を信じてきただけだ。
 だがいい加減に、“最悪の可能性”とも向き合わなければならないようだ。

「ヒューグの様子を見に来た、か?」

 これが偶然の出会いであるものか。
 その必要があったから、マリアはここにいたのだ。

「その通りです。コアを埋め込んだ彼が、ちゃんとフラムさんを追ってくれているのか、確認する必要がありましたので」
「困ったもんだな。あいつ化物になってもまだ好き勝手に暴れてやがったぞ」
「そのようですね」
「フラムちゃんは逃げた、ここにはいない」
「はい。せっかく見つけたのですが、また探さなければなりません」
「つまり暇ってわけだ」
「……やることはまだ残っています」
「そう言わずに、少しぐらい話に付き合ってくれよ」

 ヒューグにコアを与えたのが自分だと知りながらも、食い下がるライナス。
 マリアは何も言えなかった。

「俺、ずっと思ってたんだ。確かにマリアちゃんはコアを使ってる、そのせいで顔がそうなっちまった。でもさ、チルドレンって連中とは違って、コアを埋め込んだだけの人間ってのは、普通の心臓は残ってるんだよな?」

 チルドレンは、幼少期にコアと心臓を入れ替えられた子どもたちだった。
 つまり、後天的にコアを埋め込んだだけのエキドナやヒューグとは違う。
 普通の人間の要素を残しながら、オリジンの力を扱うものたちなのだ。

「だったら、コアを取り除けば、普通の人間に戻れるんじゃないか?」
「戻ったところで、どうするんです」
「可能性の否定はしないんだな」
「……確かに、コアを取り込んだだけの人間なら、取り除けば元には戻るでしょう。ただし、反動で体がボロボロになるとは思いますが」

 それも、近くに回復魔法を使える人間さえいれば克服できる。
 マリアの場合、自身がそれを使えるため、やろうと思えば一人でも体内からコアを排除できるはずであった。

「じゃあそうしよう、それで俺と一緒に遠くに逃げるんだ」

 手を差し伸べるライナス。
 もちろんマリアは、その手を取ったりはしない。

「体が戻っても、罪は消えません」
「罪なんざ全部背負ってる人間の方が少ないぐらいだ」
「わたくしは人殺しですよ?」
「冒険者なら誰だって、人間の一人や二人ぐらい殺したことはある」

 全員と言い切ると語弊があるが、それでもほとんど全ての冒険者が、人間とやりあったことがある。
 時に犯罪者を相手にしたり、同じモンスターを狙う冒険者同士で戦闘になったり――ライナスのようなSランク冒険者だと、嫉妬で命を狙われることもあった。

「……わたくしはつまらない人間です、途中で飽きるかもしれません」
「それはねえな。どんな場所でも、いつまででも、俺がマリアちゃんと一緒にいて飽きることなんてありえない。いつまでも添い遂げてみせるよ」

 ライナスは言ってから、ちょっとクサすぎるかなと羞恥した。
 だが、良くも悪くも、その言葉はマリアの心に響いたらしい。

「きっと、ライナスさんについていけば、わたくしは幸せになれるんでしょうね」
「ああ、それは保障する」

 彼は有言実行する男だ。
 特にマリアに関することで、嘘はつかない。

「だからこそ、わたくしはあなたの手を取れないのです」
「マリアちゃん……だから俺、そういうのは気にしないって」
「違うんです」

 マリアは喉元に人差し指を当てると、ぞぶりと体内に沈めた。

「お、おいっ!?」

 驚くライナスをよそに、彼女はまるでファスナーを降ろすように、指を下に降ろしていく。
 当然ローブの前は開き、素肌が晒されることとなる。
 普通ならば扇情的に見える姿だが、はだけた肌の中央に真っ直ぐ赤い一本線が入っているせいで、異様さの方が勝ってしまっていた。
 そして、へその下で指を止めると、マリアは両手の指を胸の裂け目に入れ、ジャケットでも脱ぐように、ぐちゅりと体内を見せつけた。

「ん……ふ」

 マリアは快楽でも感じているかのように、頬を赤らめ、色っぽい声を漏らす。

「どうですか、ライナスさん」

 そして扇情的に微笑んだ。

「……マリアちゃん、それは」

 ライナスの目に写る、捻れた体内。
 心臓らしき臓器が脈動していることは辛うじてわかるが、他の臓器はどれがどれなのか区別がつかない。
 配置も形もてんでバラバラで、そもそも本来は胸にあるはずの心臓だって、横腹に移動しているのだ。
 たとえコアを取り除いたとしても、彼女のその体が人間に戻ることはないだろう。
 むしろオリジンの力を失い、命を維持できなくなるかもしれない。

「わたくしはもう、コアを取り込んだだけの人間ではないのです。とっくに、人でなしの化物になっているんですよ」

 それは、ライナスの心をへし折るのには、十分すぎるインパクトがあった。
 絶句する彼を見て、マリアは寂しそうに微笑む。
 だが、『それでも諦めたくない』と言われるよりは、気が楽だった。

「さて、わたくしとしては、オリジン様の邪魔をするあなたを逃がすわけにはいきません」
「待ってくれ、俺はまだ……っ!」

 もう声は届かない。
 マリアの諦めもついた。
 あとは、残り少ない未練もろとも、全てを消してしまうだけだ。

「ここで、死んでもらいます」

 故郷を滅ぼされ、両親を殺された。
 その加害者である魔族を憎み、救ってくれた人類を愛した。
 しかし人類こそが、真の加害者であった。
 その事実を知った瞬間に、人間としてのマリア・アフェンジェンスはもう終わっている。
 費やした時間も、与えてきた慈愛や善意も、全てを踏みにじられた。
 恋心まで失えば、残るのはただただ純粋な、この世界に対する憎悪だけ。

「フォトンフューリー」

 彼女の背後に浮かび上がった無数の光の珠が、夜を照らす。
 そのうちの一つが街灯に接触すると、パチンと弾け周囲に存在するものを消失・・させた。
 人体でも、触れればその部位がえぐられたように消し飛ぶだろう。
 それは人の身では及ばぬ領域。
 人を捨て、完全なるオリジンの使徒と化した彼女の――



 --------------------

 マリoア・アフェ、、、゛ス

 朱ェ騾:光オ

 筋±?:18267
 炊サ・:48141
 fD好キ:19220
 敏捷:9802
 壊れた:41628

 --------------------



 ――紛れもない、本気の魔法である。

「マリアちゃん、もうどうにもならないのかよ!」

 ライナスはマリアから距離を取りつつも、諦めずに呼びかける。
 しかし、彼女は即座に否定した。

「はい、どうにもなりません」

 その諦観は、言葉程度では覆せない領域に達している。
 それでもライナスはさらに声をかけようとしたが、迫る魔法を回避するので精一杯で、そんな余裕はなかった。
 数百個にも及ぶ拳大の光の粒は、ゆっくりと彼の方に近づいたかと思うと――突如、急加速する。

「くっそおおぉおおおおッ!」

 ライナスは弓を構え、矢筒の残弾をありったけつかみ、一気に放つ。
 残弾など気にしている場合ではない。
 まずは今、生き残ることを考えなければ。
 放たれた矢は砕け、マリアの放った光とほぼ同数の、風の魔力を宿した破片に分かれる。
 確かに彼女の魔法の威力は相当なものだ。
 だが、それは対象がなんであれ、触れたら弾け消滅する・・・・機雷なのだとライナスは見抜いていた。
 つまり、何かが当たりさえすれば無力化できる。
 破片と衝突した魔力の塊は、白い輝きを放っては消えていく。
 その隙に、さらにマリアとの距離を取るライナス。
 しかし彼女は取り乱さず、冷静に再び手をかざす。

「フォトンフューリー・イリーガルフォーミュラ」

 先ほどよりもさらに多くの光の粒が作られ、ライナスの追尾を開始した。
 もう矢は残っていない。
 かといって、走って逃げ切るのは難しそうである。
 あとは、自力で避けきらなければならない。

 目を見開き、近づく弾幕の全ての大きさと距離、速度を見極める。
 そして、最短で全弾を回避できるルートを構築。
 完全回避は不可能と判断、だが一、二発を打ち消せば突破は可能。
 プランを決定、実行する――

 心臓を狙った初撃を横に回避。
 次は体を捻り、そこで飛びあがって後方宙返り、着地したらすぐに慣性を利用してバク転、そのまま後退。
 三度回転したら、腰を低く落として今度は前進。
 右足で跳躍、前に飛び込み、片手が地面に付いたら体のバネで跳ね上がる。
 空中に浮かんだ体を風の魔法でさらに高く押し上げ――ここで最初の回避不能地点が訪れる。
 ライナスはナイフを一本引き抜き、それを投げつけ相殺して光を消した。
 かなり上等な短剣だったのだが、命より高いものはない。

 着地してからもギリギリの攻防が続く。
 当たれば即死という極限状態に、わずか一秒にも満たない間が永遠のように感じられた。
 と言っても、いくつかの粒は体を掠めている。
 そのせいで服はボロボロで、生じた切り傷から少なくはない血が流れ出していた。
 鋭い痛みに顔をしかめながらも、集中は途切れさせない。
 そして、気合と奇跡と執念が――彼にその窮地の脱出を成功させた。

「ふうぅ……」

 どうにか生き残り、息を吐き出すライナス。

「往生際が悪いですよ、ライナスさん」
「諦めるつもりはねえ!」

 強く言い放った。
 先程は戸惑い、怖気づいてしまったが、内臓が捻れているからなんだと言うのだ。
 マリアを愛すのに、そんなものはあまりに些細な問題である。

「どうせ無駄だというのに……あなたも、そう思いますよね?」

 マリアはライナスの背後にいる誰か・・に向けてそう言った。
 殺気を感じ振り向いた彼に、紅刃の大剣が襲いかかる。

「何っ!?」

 ヒューグ以外の味方がいたことはもちろん、その人物の正体自体もライナスにとっては予想外だった。
 残る一本の短剣を抜き受け止めるも、太刀打ちできない。
 意識が吹き飛ぶほどの衝撃が彼の全身に叩きつけられる。

「がぁっ……!」

 ライナスの体はいとも簡単に吹き飛ばされ、そのまま石畳の上に転がった。
 仰向けに倒れる彼に、マリアはゆっくりと近づいていく。

「づ、う……それは……ダメだろ。マリアちゃん……っぐ……それだけは、やっちゃいけねえよ……!」

 無表情に見下ろす仮面に向けて、ライナスは憤った。
 それは彼がマリアに対して抱く、初めての怒りである。
 それほどまでに、彼女の連れてきたその仲間・・は、冒涜的だったのだ。

「頼む……これ以上、人間の……尊厳を、踏みにじらないでくれ……!」
「関係ないですね。言ったではないですか、わたくしはもう、人でなしなのだと」

 マリアの中の真っ当な感覚は、それを『間違いだ』と諌める。
 だから正しかった。
 清廉潔白な聖女として生きてきた価値観、その真逆こそが、今の彼女がやるべきことなのだ。
 そうやって自分を追い詰めて、後戻り出来ない場所までやってきた。
 そしてまた、今日も――

「ジャッジメント」

 彼女は、過ちを犯す。

「ぐ……ぁ……」

 倒れたライナスの体を貫く、光の剣。
 地面に磔にされ、主要臓器を破壊され、口からは「ごぼっ」と唾液と混ざりあった血液が大量に溢れ出る。
 彼は虚ろな瞳でマリアを見ながら、手を伸ばした。
 だが、その手が彼女に触れることはない。

「さようなら、ライナスさん」

 マリアはそう言い放ち、さらに心の中でこう続ける。

『わたくし、あなたのことが大好きでした』

 だから殺した。
 自らの手で、迷いを完全に断ち切るために。
 そして背中を向け、彼と共にその場を離れていく。
 遠ざかっていく足音を聞きながら、ライナスの心は無力感に満たされていった。

「マリア、ちゃ……おれ、は……」

 彼は薄れゆく意識の中で、うわ言のように繰り返す。



 ◇◇◇



 とても悲しいお知らせがあります。
 人が死にました。
 名前は、ライナス・レディアンツ。
 死因は、信じていたのに滑稽にも殺されたことです。
 享年二十四歳。
 らしいですね、どこまでもつまらない人生でした。
 虚しいですね。
 喜劇は笑いましょう。

『あはははははははっ』
『はははははっ』
『ひひひっ、ふふふふふっ』
『うっひゃひゃひゃひゃひゃひゃ』

 楽しい死に方でした。
 ご冥福をお祈りしま――



 ◇◇◇



 マリアの足音が聞こえなくなってから、どれぐらい経っただろうか。
 ライナス・レディアンツは、類まれなる生命力の持ち主であった。
 そう、彼女が立ち去ってもなお、その命の灯火は、辛うじて消えていなかったのである。

「……あ、ぁ。そ……か」

 生きている限り、彼は諦めない。
 自身でも呆れるほどひたむきにマリアのことを想う。
 なぜそこまで彼女に惚れたのか、彼は自分でもわからなかった。
 元々、ライナスは女癖が悪い方だ。
 それに惚れっぽい。
 最初は一目惚れで、『いつものあれだな』程度にしか思っておらず、旅の間だけでも楽しめればいいと考えていた。
 それが今では、他の女なんて考えられないほど、夢中になっている。

「はっ……ぐぶっ……おま、え……っぱ、天才……だわ……」

 口から泡立った赤い体液を吐き出しつつ、独り言をつぶやく。
 思い出すのは、マリアの姿……ではなく、何かとお騒がせな、ムカつく野郎の面だ。

「……ってたんだな……こう、なる、こと……も」

 体は死んでも、意志は死なず。
 最後の力を振り絞って、上着の懐に手を潜り込ませる。
 指先が、冷たく固い水晶に触れる。

「だか、ら……俺に、これ……を……」

 彼の口元は笑っていた。
 預言者めいた、友……と呼ぶべきなのかもわからない、とある男の言葉を思い出して――





「「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く