話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい

kiki

023 カウンターアタック

 




 まだ数の上では圧倒的に不利だ。
 普通に考えて、フラムの実力で教会騎士5人を相手にするのは楽なことじゃない。
 けど不思議と――全く、負ける気がしなかった。

 ガゴォンッ!

 プラーナを込めた渾身の一撃が、プレートアーマーの側部に叩き込まれる。
 鋼鉄の鎧はベコンと凹み、内側まで突き抜けた衝撃が騎士の内臓を破壊、吹き飛ばされ、地面に倒れながら、彼は口から血を吐き出した。
 直後、右側から槍が側頭部を狙って突き出される。
 フラムがのけぞると、穂先が鼻先を掠めた。
 さらにそこに、姿勢が不安定な彼女を狙って左側からも鋭い刺突が迫る。
 取った――5人の騎士は同時にそう思考したが、フラムは魂喰いを消すと同時に地面を蹴り、後方宙返りで回避。
 無茶な挙動だが、体力を消耗し、脚部にプラーナをつぎ込むことでそれを可能とする。
 着地を狙った一撃もバックステップでかわすと、再び剣を抜いて「ふうぅっ」と息を吐いてプラーナを満たす。

 一方ガディオは、懲りずに向かってくる冒険者と眼球目掛けて、虚空に剣を突き出した。
 ゴガガガガガガガァッ!
 込められた膨大な量のプラーナが荒ぶり、嵐となって眼前に存在する全てを駆逐する。

「刺突だ、一点に集中させ貫け!」

 彼は強い口調で言った。
 先ほどのは、おそらく手本だったのだろう。
 その言葉を受けて、フラムは騎士に向けて“突き”を繰り出し、その先端よりプラーナを凝縮させ放った。
 ――騎士剣術キャバリエアーツ気穿槍プラーナスティングである。
 細く鋭い一撃は、分厚い鎧を貫通し騎士の肉体を串刺しにする。
 胸部付近に開いた数cmほどの正円、彼はそこを手で抑えて塞ぐような仕草を見せながら、ガシャンと地面に倒れた。
 残り、3人。
 騎士たちは動揺を共有し、一時的に足を止める。
 その隙に呼吸を整えるフラム。

「ふぅ……そういえばガディオさん、どうしてここに?」
「見ての通りだ」

 ガディオが顎で指し示した先には――フラムを追っていた時よりさらに増えたように見える、眼球の姿があった。

「も、もしかして、あれに追われてたんですか?」
「そういうことになるな」

 言って、彼は「ふっ」と自嘲ぎみに笑った。
 よく見ると、その顔つきはどこか疲れているように見える。
 数日前から追われていたのかもしれない。
 そしてその間は、全く眠れていないのだろう。
 それでも、疲労困憊の状態で放ったひと薙ぎで、数人の冒険者を倒してしまうのだから、恐ろしい話だ。
 まあ、再会するまでの詳しい経緯は後で聞くとして――気を取り直して、残り3人と向き合う。

 その後の戦闘は、ある種の“稽古”と呼ぶべきものであった。

 ガディオが一振りで極大の剣気を地面に走らせると、フラムも同様の技を放ち、騎士を打ち倒す。

 彼が剣を十字に振り、プラーナをその場で留め壁を作り出すと、彼女も切っ先で十字を描き、盾を作り出し騎士の放った魔法を防ぐ。

 さらにはプラーナ精製のコツを聞くと、洗練された力が魂喰いに宿り、吹き飛ばすのが精一杯だったプレートアーマーを見事両断する。

「ラストォッ!」

 1対1ならばもはや負ける要素は無い。
 フラムは振り上げた漆黒の刃で、縦に真一文字を描く。
 最後の1人が、鎧もろとも左右に分断され、2枚に分かれて地面に倒れる。
 流れ出る血液や臓器をせき止めるように、遅れて傷口が凍りついた。
 剣を仕舞いガディオの方を振り向いた彼女は――

「はあぁぁぁっ!」

 気迫だけで近づく眼球を破砕し、敵をひるませ、

「ふんッ!」

 一振りで男が粉々に砕け散る・・・・・・・、冗談のような光景を見た。
 ガディオの強さは十分理解していたつもりだが、対人間の戦いとなると余計に際立つ。
 それでいて、役立たずだった自分を蔑ろにせず、面倒を見てくれるほど人格も真っ直ぐだと言うのだから――憧れずにはいられない。

「そちらも終わったようだな」
「はいっ、どうにか。助けてくださってありがとうございます、ガディオさんが来なかったらどうなってたことか」
「ふっ、俺の力だけではない」

 ガディオは優しく微笑む。

「強くなったな、フラム」

 そして、どこか暖かな声でそう言った。
 あの英雄から、認められた。
 フラムは小躍りしたくなるほど喜んだが、すぐに“浮かれるな”と自戒する。
 ……まだまだ自分は弱い。
 誰も救えていないのだから。

「今日まで色々あったので……話したいことは沢山ありますけど、とりあえずは――」
「ああ、行くか」

 眼球は止まらない、まだどこからともなく湧いてきて、2人を追い続ける。
 フラムとガディオは、デインが逃げていった方角へと、事態を解決すべく走り出した。



 ◇◇◇



 巨大な鎧を纏った男と、軽装で小柄な少女というアンバランスな2人は、ひたすらに夜の町をさまよう。
 未だデインの姿は見つからない。
 捜索を続けつつ、ガディオとフラムは互いに情報交換を行っていた。

「つまり、そのインクという少女が眼球を作り出しているわけだな」
「そういうことになります」
螺旋の子供たちスパイラル・チルドレンのうちのひとりか」
「そのスパなんとかって、もしかして教会の研究ですか?」
「知っているということは、やはりフラムたちも教会を追っていたか。そうだ、生まれたばかりの子供に、心臓の代用品としてオリジンコアを埋め込む、イカれた実験だ」
「オリジンコア……それに、心臓の代わりって……」

 つまり、コアを潰せば――インクも死ぬ。
 しかしコアが残っている限り、おそらく彼女の能力である眼球は消えない。
 いつまでも、教会に危害を加える恐れのある人間を追跡し続けるだろう。

「そのインクとは、どういう関係だ?」
「たまたま倒れている所を助けたんです。それから、何日間か一緒に暮らしていました」
「そうか。つまり、お前はその子を助けたいわけだな」
「……はい」

 フラムの視線が下を向く。
 できることなら、助けたい。
 もし、オリジンコアだけを取り除く方法があるのならば。
 だがそれが困難であることも、フラムは理解していた。

「すまんが俺にも方法は思いつかん。だが、デインに渡したままでは都合が悪いことはわかる」
「デインを知ってるんですね」
「俺も冒険者だからな、西区で好き放題する奴の話は聞いたことがある」
「あいつは教会に仲間と魂を売りました」
「救えんな……目先の利益に釣られて、最も尊重すべき資産を捨てるか」

 ガディオはそう吐き捨てる。
 目の前に丁字路が迫り――2人は勢いを緩めると、右に曲がった。
 両側の建物の屋上から、大量の眼球が落ちてくる。
 夜の闇を二筋の軌跡が裂き、それらは空中に舞ったまま散った。

「そういえば、もしかしてですけど、うちの窓枠にナイフを投げつけたのってガディオさんですか?」
「そうだが、わかりにくかったか?」

 フラムはがっくりと肩を落とす。

「わかりませんよぉ、名前も書いてなければ文字も汚いんですから」
「許せ、余裕が無かった」

 眼球に追われながら、合間を縫って書いたメモだったのだろう。
 そもそも、その最中ではフラムの居場所を掴むことだって難しかったはずだ。

「追われてたからって事情がわかったからいいですけど、最初はデインたちのイタズラかと思いました」
「どのみち効果は無かったようだがな」
「外に出るなって言われても今さらです、私も当事者ですし」
「当事者?」
「どうやらオリジンとやらの狙いは私みたいなんで。考えてみれば、魔王討伐の旅に、弱っちい私が選ばれた時点からおかしかったんです、よっと」

 フラムは足元から湧いてきた眼球を跳ねて避ける。
 前方にはまた曲がり角。
 今度はスピードを緩めず斜め左へと進む。

「理由はわかりませんけど。ひょっとして、私の属性を狙ってるんですかね」
「反転か」
「はい。その、ガディオさんがさっき言ってたオリジンコアっていうやつ、普通は壊せないものなんじゃないかと思うんです」

 フラムは、研究所で出会ったネイガスの反応を思い出しながら言った。

「その通りだ、通常の手段では破壊できないらしい」

 ガディオも追われる前、教会を調べていたのだ。
 それぐらいの情報は掴んでいる。

「でも私は、壊すことができた。あの時――実は一回、コアの力を使うモンスターと戦ったんですけどね」
「思ったより深い部分で巻き込まれているようだな」
「ええ、まあ。その時、私はとにかく必死で、プラーナとか、魔力とか、いろんな物をコアに注ぎ込んだ気がするんです」
「その魔力が鍵だと?」
「もしオリジンが“螺旋”を力にしているのだとしたら、私の反転でその回転を逆にすることで、何かが起こるのかもしれない……」
「理屈はわからんが、実際に壊せたということはそういうことなんだろうな。もしプラーナが理由なのだとしたら、もっと以前に誰かがやっていたはずだ」
「私にしかできない。だから、私がインクを――」

 フラムは自分の手のひらを眺めた。
 救うことはできなくても、これ以上の悲劇を止めることはできる。
 けれどそれで、本当にいいのだろうか。

「なにっ!?」

 その時、ガディオが声をあげた。
 フラムと視線が合う。
 彼は反射的に叫ぶ。

「止まるな、フラムッ!」

 何が起きたのかはわからないが、フラムは必死に駆け抜けた。
 ゴオォォォオオッ――ドォンッ!
 轟音が、静まり返った町に轟く。

「っぐ……ぬおぉお……!」

 ガディオは――2人を潰そうと両側から迫る壁を、腕で受け止めていた。
 漆黒のガントレットが、石壁にめり込む。
 両腕は震え、彼の剛力を持ってしても維持は困難であることは一目瞭然である。
 しかも、足元からは眼球が近づいている。
 この状況で再び離れ離れになることは避けたかったが――
 彼は合流を諦めたのか、腕から力を抜き、フラムから見て逆の方向に脱出した。
 すると、壁は完全に隙間なく閉じ、2人は分断されてしまう。

「ガディオさんっ!?」
「大丈夫だ、だがこれ以上は一緒に行けそうにない」

 ガディオの前には、10歳にも満たないであろう少年が立っている。
 纏っているのは、インクが最初に着ていたのととても良く似た、白い服。
 ――敵だ。
 おそらくは、螺旋の子供たちスパイラル・チルドレンの一員だろう。
 相手が子供だろうと容赦なく、ガディオは剣を向ける。

「ああそうだフラム、ひとつ伝え忘れていたことがある。お前の知り合いからの伝言だ」

 壁越しに彼の声が聞こえてくる。

「誰からですか!?」

 声に焦りが混じっている。
 フラムにも眼球が迫っていた、これ以上、この場に留まるのは難しい。
 その伝言とやらを聞いたら、すぐに走り出すつもりだった。

「セーラという少女からだ、自分は無事だと伝えて欲しい、と」

 しかし――それを聞いて、フラムが歓喜しないはずもなく。

「セーラちゃん……!」

 瞳に涙が浮かび、視界が滲む。
 ガディオとの再会に、セーラの生存。
 全て失われてしまったと思いこんでいた希望が、湧き上がってくる。

「生きて、たんだ。そっか、そっかぁ……!」

 彼女が生きているのなら、ミルキットとエターナだって無事なはず。
 希望がフラムの心に再び炎を灯し、瞳は完全に光を取り戻す。

「ありがとうございます、ガディオさん!」

 大きな声でそれだけ言うと、フラムはそこから走り出した。
 じっと自分を見つめ追跡してくる眼球の隙間を縫って、疲れも忘れて今日一番のスピードで駆け抜ける。
 ガディオは壁を背に、彼女の明るい声を聞いて「ふっ」と微笑んだ。

「笑ってる余裕あるの、おじさん」
「ああ、あるさ」

 即答され、露骨に不機嫌になる少年。
 彼は耳を隠す程度に伸びたサラサラの青い髪を、右手でかき上げると、冷たい目をしてガディオを品定めする。

「それに追われてるってことは、ボクが螺旋の子供ってことはわかってるんだよね?」

 明らかに年上であるガディオに対しても、少年は偉そうな口調を崩さない。

「察しはついている」
「ネクト・リンケイジ、それがボクの名前さ。螺旋の子供たちスパイラル・チルドレン第二世代・・・・であり、そして、オリジン様から与えられた力は――」

 冷徹な笑みを浮かべたネクトは、手のひらを上に向けて、腕を前に突き出す。
 その顔はぐにゃりと次第に歪んでいき、あの化物となったインク同様に、赤い螺旋と化した。
 ガディオは警戒し、剣を握り、一歩前へと前進する。
 ネクトは完全に人外となったその状態で、開かれた手を閉じ、拳を握った。

接続コネクション、さ」

 喉を震わせ、顔のどこからかそう告げたネクトの姿は、声と同時に消える。
 英雄の目でも捉えられないほどの高速移動。
 いや――そんなもの、あるわけがない・・・・・・・
 移動ではなく、転移したのだ。
 背後に何者かの気配を感じたガディオは、振り向くと同時に剣を振るう。

「おっと、接続《コネクション》」

 再び消えるネクト。
 今度は先ほどの場所に戻ったらしい。
 そして三度手のひらを握る。

「そおら、繋がれえぇコネクションッ!」

 声に力が籠もり、肉の渦が脈動し、大きな力が大気を震わす。
 するとガディオの両側にある家同士が接続され・・・・、彼を押しつぶすように壁が迫る。
 さらには別の場所と接続され、転移してきた石造りの住宅が、上から・・・落ちてこようとしていた。

「あっはは、あっけないなぁ、英雄ってやつも!」

 ネクトは勝利を確信する。
 だが――

我意・騎士剣術キャバリエアーツ・エクスパンション――」

 絶体絶命の危機。
 しかしガディオは冷静沈着に、自分の呼吸を乱さず、己の技で立ち向かう。
 用いるのはプラーナだけではない。
 彼の属性は土。
 腕を通じて大剣に魔力が満ち、刃が岩で包まれていく。
 人一人分ほどの長さのある剣が、さらに2倍3倍と巨大化していく。
 それはプラーナで補助しなければ、ガディオの腕力を持ってしても握れないほどの重量となる。
 さらに、天高くそそり立つ剣そのものにもプラーナを満たし、その状態で技を放つ。
 それは彼が生み出した、彼のためだけの騎士剣術キャバリエアーツ

「岩刃縋崩斬《タイタンブレイド》ォッ!」

 ゴオォォォッ――!
 巨大な剣が振るわれると、一瞬だけ、時が止まったように全ての音が消えた。
 そして、次の刹那――
 ゴバアァァァッ!
 けたたましい衝突音と共に、壁も、上から落ちてきた建物も、粉々に砕け散った。
 ネクトの放った必殺の一撃は、あっさりと返されてしまったわけだ。
 だが、無数の瓦礫が降り注ぐ中、少年は渦を歪めながら笑っている。

「……へえ、前言撤回しなきゃ。やっぱすごいよ、英雄は」
「もう巻き込む心配も無い。ここからは、全力で行かせてもらう」
「どうぞどうぞ、望む所さ! そして証明しなきゃね、英雄よりボクらの方が優れてるんだってことを!」



 ◇◇◇



 ガディオと別れた場所から、力同士がぶつかりあうとてつもない音が聞こえてくる。
 彼は本当に無事なのだろうか――フラムは引き返したくなる気持ちをぐっと抑え込んで、前に進んだ。

 デインがどこに居るかなんて宛はない。
 けれど、向かった方向からして、一番怪しいのはやはり西区の教会だ。
 みなが寝静まっている今の時間なら、本堂には誰も居ない。
 神父や修道女の居住スペースも別にあったはず。
 身を隠すにしても、誰かと合流するにしても、うってつけの場所ではないだろうか。

「しつこいっ!」

 眼球を蹴散らしながら、とにかく足を動かす。
 意識をすれば気だるさはある。
 ミルキットとエターナの捜索を行い、インクのあの姿を見て、デインの部下と戦い騎士剣術《キャバリエアーツ》を乱発し、そして今も走り続けているのだ。
 むしろ、どうして自分がここまで動けるのか不思議なほどだった。
 装備のおかげというのもあるだろう。
 しかし――あそこで、ガディオと再会しなかったら、セーラの生存を聞かなかったら、こうは行かなかったかもしれない。
 とっくに、諦めていたかもしれない。
 けれど今は、あいつと戦うための気力に満ちている。

 門をくぐり、庭を通り、大きな木製の扉を押し開く。
 薄暗い堂内。
 正面にはオリジンを模したと言われる人型の像が飾られており、床にはいくつもの長椅子が並んでいる。
 その最前列に、大きな態度で、足を組みながら座る男の姿があった。
 入り口を閉め、武装を顕現させ、フラムは彼に近づく。
 足音を消そうとは思わない、なぜならとっくに、扉を開く音で気づかれているからだ。
 中央に敷かれた絨毯の上を、ちょうど半分ほど進んだ時、彼はフラムに背を向けたまま口を開いた。

「来ちまうんだろうなあとは思ってたよ。そういうしつこさがお前にはあるってよぉ。なんつーか、経験則っての? それでわかっちまうんだ。僕って結構冒険者歴長いからさ、勘も冴えてるんだよね」

 声の調子はいつもと変わらない。
 人の神経を逆撫でするような、心底不愉快な雑音だ。
 フラムは聞く気などなかった。
 近づいたら問答無用で剣を振り下ろし、首を落とすつもりだったのだ。
 今のところ、まだ眼球は堂内には入ってきていない。
 入り口を閉めたおかげだろう。
 だがそれも時間の問題で、不利な状況になる前に、とにかくフラムは事を終わらせなかった。
 まあ、そう簡単にいくはずが無いことぐらい、彼女にもわかってはいたが。

「でも、雇い主との合流前に来るのはちーっとばかし計算違いだったかなぁ。僕としたことが、とんだ失態だ。穴があったら入りたいね」

 フラムは無言で歩み寄る。

「ああ、そうだ。あのインクってガキなら奥の部屋に居る。ネクトとかいうクソガキとの約束だからな、危害は加えていない。ただ、いつ意識を失ってまたあの化物になるかわかんねえぜ? なあ、フラムちゃんよお」

 間合いに入ると、魂喰いを持ち上げ――首を狙って振り下ろす。

「おっとぉ!」

 彼は、そんな見え透いた攻撃を、前のめりになって立ち上がり避けた。
 そして、2人は向き合う。
 殺意をむき出しにして睨みつけるフラムと、下卑た笑みを浮かべるデイン。
 どこまでも平行線で、両極端で――互いにわかり合うことなど永遠に無いのであろう。
 例え、世界が何度回ったとしても。

「顔つきが変わったな、何か良いことでもあったのか?」
「……残念だけど、その通り。どうもみんな生きてるみたい」
「はっ……そうかよ。どうでもいいな」

 デインはクロスボウを構え、フラムに向ける。

「どうせお前はここで死ぬんだ、フラム」

 彼女はクロスボウに装填されたボルトの鋭利な先端を見ても、怖気づくことはなかった。
 闘気は萎えず、魂喰いを両手で強く握りしめる。

「それは――あんたの方だっての、デインッ!」

 フラムが啖呵を切り、ダンッ、と床を蹴り加速する。
 デインはさらに口角を吊り上げ、トリガーに当てられた指に力を込めた。
 射出され、真っ直ぐにフラムの心臓を狙うボルト。
 彼女は一切ガードしようとせず、そのまま胴体でブロードヘッドを受け止める。
 そして――「リヴァーサルッ!」――反転の魔法を発動、跳ね返ってきたそれをデインは首を傾け、避けた。
 しかしやじりは頬を掠め、顔にうっすらと傷が浮かぶ。
 さらにフラムは速度を緩めず、肉薄する。
 右手で大剣をなぎ払う。
 またにやりと笑いながら、それを避けるデイン。
 犬歯をむき出しにして、怒りの形相で睨み返すフラム。

 正と負――あまりに温度差のある2人の視線が交錯する。
 戦いは、まだ始まったばかりだった。





「「お前ごときが魔王に勝てると思うな」とガチ勢に勇者パーティを追放されたので、王都で気ままに暮らしたい」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く