チート・ご都合主義いらないけどハーレムいります

平涼

第七十六話 作戦

 あれから校長はまた王と話し合うことがあるからというので帰って行った。

 これはアラン二世が魔大陸に行っている時に聞いた情報で確かな情報らしい。

 ならば俺はどうするか。それは俺は一人で決めず皆と決めることにした。

 今リビングにいるのは俺とリリア、セシリアにマリー、シアとタマ、アネットもいる。

 アネットはあれからは獣人の姿では無くなり、リリアと少しずつ打ち解けているようだ。

 「どうする?前みたいに急じゃないから今回は十分にここで作戦を考えてどうやって待ち伏せするかっていう作戦しかないか?」

 「確かにそれしかないのも事実ではあるんですよね」

 シアが考えながらもそう言う。

 「だが以前ここで戦争があったときも色々裏切りなどあったらしいじゃないか。魔王も何か手を打ってくるんじゃないのか?」

 セシリアがそう言う。確かにそれもあるかもしれないから困るんだよな。俺達が悩んでいると、

 「奇襲よ」

 リリアが呟いた。

 「奇襲?」

 「そうよ。魔王城に魔人が沢山集まる前に私達で攻め込むのよ」

 リリアは稀に誰も思いつかないようなアイデアを出してくれるから助かる。

 「よし!それで行こう。メンバーは」

 俺がそれを言うよりも前にマリーが遮った。

 「私も行くわよ」

 俺が誰を言うか分かったのだろう。俺はリリアとセシリアを連れて行くつもりだった。

 「当然私も行きます」

 シアもそう言う。

 「......いや。待ってくれよ。流石に危険だって」

 「それはあなたも同じじゃない。なら私も行くわ。それに私が特訓してるの知ってるでしょ?」

 そうなのだ。マリーは学校にいたときからずっと俺が知り合いという事でアランに修行をしてもらっていたのだ。

 「私だって龍級まで使えるようになったんですから」

 シアも魔法学校では特別生で卒業する時には超級を全部使えるようになっていたがまさか龍級まで使えるようになあっていたとはな。

 「けど....」

 やはり危険だし連れて行きたくないがそれをリリアに遮られた。

 「いいじゃない。先生。何か危ない目にあいそうだったら私達が見てるから」

 それにセシリアも頷く。

 「分かったよ。アネット、子供たちの事を頼んでもいいか?」

 「任せて。最近調子がとてもいいから」

 「ご主人様。私はどうするニャ?」

 「お前俺の言うこと聞かずに勝手についてくるだろうが」

 タマは分かっているのにこういう事を聞いてくるんだよな。

 まあ。それは置いてだ。

 「なら出発は早い方がいい。校長から色々言われるのも困るから出発は明日にするが大丈夫か?」

 それに全員頷いて俺は明日に備えるのだった。

 ~翌日~

 俺はいく前に墓前にいた。

 今日等々魔王と戦う事になりそうだよ。もう俺は親父達の為に復讐するんじゃなくて自分の為に戦うよ。

 だからそこで見届けていてくれ。

 (やるんなら勝つんだぞレイ)

 (怪我だけはしないでね)

 そう言っている気がした。

 俺はそれから皆の所に向かった。

 「準備はいいか?」

 それに皆が頷いた。

 俺はこの一カ月で自分を行きたい場所に行く召喚魔法を魔法陣無しで出来るようになった。

 やはり一回見ると意外とコツが掴めるようだ。

 なので俺は皆で手を繋ぐ。俺の召喚魔法の場合魔法陣を使わないが誰かに触れていないと連れて行けない。

 そして俺は地図で見た通り魔大陸をイメージし召喚魔法を使うのだった。

 だが俺は召喚魔法を使う中、思ってしまった。

 何だか都合が良すぎて誰かの手のひらで泳がされているのではないかと少し思ってしまった。

 

「チート・ご都合主義いらないけどハーレムいります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く