チート・ご都合主義いらないけどハーレムいります

平涼

第五十話 魔王VS家族

 俺は、目の前にいる魔王を足止めするつもりだった。

 だけど、ライドさんを、あんなにも追い詰めたのは、こいつが原因だろう。

 もしかしたら、ライドさんは、俺が冒険者をやめる時、話があるって言っていた。

 それは、俺に相談したかったのかもしれない。

 俺は、こいつにも腹が立つが、全然気付いてやれなかった自分が情けなくてしょうがない。

 「レイ、行くぞ」

 俺は、親父の声に頷き、魔王に向かった。

 母さんには、魔法の詠唱をしてもらい、俺が左、親父が右から同時に剣を振る。

 相手は、大剣が一つだけだ。

 二人同時の攻撃が、跳ね返せる訳がない。

 「嘘だろ!?」

 俺は、そんな声をあげてしまう。

 魔王は、俺の攻撃を大剣で受け止め、親父の攻撃を指で刃を挟み、母さんの攻撃は受けたが、すぐに再生している。

 俺は、校長に聞いた魔王の特徴を思い出した。

 魔王が、三大最強に選ばれている理由。

 それは、超速回復をもつ、ほぼ無敵の体だ。

 そして、何年生きられているかは、魔王本人すら分からない。

 倒す方法は、超速回復をさせない程の攻撃を与えないといけない。

 よってほぼ不死身の存在。

 俺は、それを思い出し、ゾッとしてしまった。

 こいつは、不死身なだけじゃない。

 長年戦って来た為、戦闘も超人の域だ。

 俺と親父は、一度退いた。

 「どうするお父さん?」

 「正直に言って、俺の技が通用する相手じゃないしな」

 「なら、俺が一人で攻めるから、ここぞって時に援護してもらっていい?」

 「わかった」

 俺は、火魔法を纏い、魔王に突撃した。

 「やはり、お前はその歳で中々強いぞ!もっと楽しませてくれ!」

 戦闘狂のおバカさんが、何かを言っているが無視だ。

 俺は、お決まりのコンビネーションで、足に風魔法を放ち、魔王の背後に回り込む。

 だが、魔王はすぐに体を反転させ、剣で受け止める。

 「なんだ。その技は面白いな!もっと見せろ!」

 魔王は余裕の表情でそう言う。

 これでも駄目か。

 どうするか。

 俺は一度退き、魔王に水魔法の上級を放ち、魔王の周りを囲む。

 だが、魔王はいとも簡単に大剣で、水魔法を吹き飛ばす。

 けどこれは、分かっていた。

 だからこそ、俺はオリジナル魔法、雷魔法を使う。

 水は、電気を通す。

 今の魔王の近くは水浸しだ。

 これなら、避けれないはずだ。

 俺は魔王の上からライトニングを落とした。

 魔王は、避けずそのままライトニングを受けた。

 魔王の身体は真っ黒だった。

 やったか、そう思ったが、

 「今の攻撃はちょっとヒヤとしたぞ」

 俺の攻撃は、魔王を殺すまではいかなかったらしい。

 「俺も少し本気で行くぞ」

 そこで、魔王の雰囲気が変わった。

 魔王は、今までこちらに攻めてこなかったのだが、猛スピードでこちらに来た。

 親父と母さんがこちらに駆け付けようとしている。

 だが、これでは間に合わない。

 俺は、一瞬で火魔法を纏い、剣で受け止める。

 危なかった。

 少しでも纏うのが遅かったらやられていた所だ。

 まだ、魔王の攻撃は終わらなかった。

 俺と剣が衝突している剣を少しずらし、俺の剣を破壊した。

 俺の剣が等々寿命だったらしい。

 魔王はそのまま、俺に大剣を突き刺そうとした。

 俺は、退こうとしたが突然の事で、避けきれない。

 やられる。

 そう思った時、俺は身体を後ろに引っ張られ、前に親父と母さんが盾になった。

 その出来事は一瞬だった。

 親父と母さんの腹を貫通する大剣がある。

 魔王は、それを気にせず、大剣を引き抜いた。

 「母さん!お父さん!」

 俺は、母さんと親父を見る。

 母さん達は、倒れて腹から大量の血が出ている。

 やばい。今すぐ治療しないと。

 俺はそう思い、治癒魔法をかけようと思ったが、

 「所詮この程度か」

 俺が治癒魔法をかけるのを見届ける魔王ではない。

 魔王は、俺に剣を突き刺そうとした。

 母さん達に、夢中で回避出来ない。

 俺は、目をつぶって覚悟を決めた。

 だが、いつまでたっても剣は届かない。

 俺が、目を開けると、

 「......オリドさん?」

 そこには、魔王の剣を受け止めるオリドさんの姿が見えた。

 「間に合わなかったか」

 オリドさんは親父達を見て、悔しそうに言った。

 そして、魔王の方を振り返り、

 「この人達は、村を色々助けてくれた恩人なのによくもやってくれたな」

 怒った表情で言う、オリドさんに魔王は怪しめな目で見た。

 「お前何者だ?何か懐かしい感じがするが」

 「ひどいな。あんだけ戦ったのに忘れてしまったのかよ」

 オリドさんは、おちゃらけて言う。

 「まあ。戦ったら思い出すだろう」

 そこでオリドさんの雰囲気が変わった。

 「レイロード。早くお父さん達を見てやれ」

 オリドさんがそう言ってくれたおかげで、俺は慌ててお母さん達を見た。

 「大丈夫!?」

 俺は母さん達に声をかけるが返事がない。

 俺は、治癒魔法は上級までしか扱えない。

 上級で、この傷が治るのかは、分からないけど、やるしかない。

 俺は全力で治癒魔法を二人にかける。

 「レ......イ.....」

 そんな言葉が聞こえた。

 「母さん!?」

 母さんのかすかな声が聞こえた。

 「今治癒魔法かけてるから待ってて!」

 俺は、改めて全力で二人にかける。

 「.....む...だだ」

 親父からも声が聞こえた。

 「無駄じゃない!もっと全力でかけるから待って!」

 俺は、ありったけの魔力をつぎ込む。

 だが、その手を二人とも手を震わせながら、掴んだ。

 「....レイ。.....よくきい.....てね」

 「何言ってんだよ!今は喋るな!終わったら何でも聞くから!」

 「この.....きずは.....ふかすぎる」

 親父が、そんな事を言う。

 俺は、涙が出てくる。

 何でだ。まだ分からないじゃないか。

 なのに何で俺は泣いているんだ。

 駄目だ。集中しろ。

 母さんと親父は俺の腕を掴んだまま、笑顔で言った。

 「「幸せに生きてね。生きろよ」」

 すると、かすかに開いていた目が閉じた。

 「おい!何言ってんだよ!これで終わりみたいに言ってんじゃねえよ!目を覚ませ!」

 俺は、二人を揺さぶるが、何の返事もない。

 二人の心臓の音は止まっていた。

 俺は、急いで雷魔法を弱めにし、電気を二人に流して復活出来るようにしようとするが、何の変化も起きなかった。

 この世界には都合のいいように蘇生魔法なんてものはない。

 俺は、自分の不甲斐なさを呪った。

 もしも俺が、もっと強ければ、親父達は死なずに済んだはずなのに。

 そう思わずにはいられない。

 そして、親父達を殺した張本人である、魔王を睨んだ。

 だが、その魔王は、オリドさんに苦戦していた。

 「お前は.....」

 魔王が驚いて呟く。

 「やっとわかったか」

 オリドさんは、笑いながらも動きは鮮やかだった。

 オリドさんが、魔王を圧倒しているその姿は村長とは思えなかった。

 「何でお前が生きてるんだ!オーウェルーーー!」

 魔王は、そう叫ぶ。

 今のは、俺の聞き間違いじゃなさそうだ。

 あの村長は、勇者オーウェルだと.....。

 けど、年齢が合わない。

 勇者はとっくに死んでいるはずだ。

 だが、あのオリドさんの戦う姿を見たら、信じられる気もする。

 「まあ、もう精霊の力も相当ないから、全盛期より弱いんだがな」

 この人達が何か言っているが、俺にはそれを理解する程の頭は残されていなかった。

 「ここで本気を出してお前と戦うつもりはない」

 魔王は、そう言って退こうとする。

 「逃がすわけないだろ」

 オーウェルのオリドさんはそう言って、追いかけようとするが、俺が、止めた。

 「あいつは、俺が殺す」

 何故か俺の口からそんな言葉が出た。

 ここで、魔王をこの人に殺してもらうのが一番の筈なのに。

 だけど、あいつだけは俺が殺さないと気が済まない。

 「分かった」

 オーウェルと言われたオリドさんはそこで動きを止めてくれた。

 俺は、そこで魔法を使いすぎたせいで気絶してしまう中、魔王に復讐する事を決めた。

「チート・ご都合主義いらないけどハーレムいります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く