チート・ご都合主義いらないけどハーレムいります

平涼

第四十六話 宣戦布告

 今日は、普通の授業がある日ではない。

 魔法祭がある日だ。

 魔法祭は、クラス全員で行い、魔法を競い合う、魔法学校の一大イベントであるものだ。

 この魔法祭では、色んな人が見に来て、魔法で優れている人を、将来的に自分の会社に推薦したりすることもあるらしい。

 その為、皆やる気だ。

 今までの魔法祭よりも今年は何倍の人が集まるらしい。

 それも、校長が無詠唱を使うと色んな人に宣言したからだ。

 この学校に来て、もう三カ月が経ち、この学校にいる人は、全員無詠唱が使えるようになった。

 なので、皆やる気だ。

 俺もすでにやる気だ。

 「頑張るよ。レイ」

 マリーは、そう言ってくる。

 「おう」

 俺は、そう返事する。

 「今年は何処が勝ってもおかしくないですけど、レイ達に勝ってみせます」

 シアも、やる気満々だ。

 俺達の関係は、あれからも相変わらずだ。

 変わったことは、シアが俺の事をレイと呼ぶようになった事と、マリーとシアが仲良くなったことだ。

 二人が仲良くなったおかげで、最近は、前よりも楽しい。

 それから、シアと別れ、俺達は開会式を終え、観客席に座る。

 会場は、以前俺とシアや校長と戦った練習場だ。

 まずは、第一種目を発表をしてから、それに適した生徒を先生が選ぶ感じだ。

 なので、実況の校長の言葉が流れようとした時だ。

 「ちょっと待ってもらおうかーーー!」

 その言葉が、何処からか聞こえてきた。

 俺は、何処から聞こえたのか、辺りを見渡すと、何故か朝で明るいはずなのに暗くなった。

 俺は、上を向くと、そこにはとてつもなくでかいドラゴンがいた。

 「伏せて!」

 校長の叫ぶ声が、会場に響き渡った。

 その言葉と同時にドラゴンが会場に降りてきた。

 俺は、伏せた顔を上げ、そのドラゴンを見た。

 そのドラゴンは、俺が倒したドラゴンの倍はある大きかった。

 だが、それはまだいい。

 問題は、そのドラゴンに乗っている人物だ。

 体全身紫色で、角を二本生やしている男だ。

 何故か、寒気を感じる。

 そして、俺は思った。

 こいつは強すぎる。

 今まで、会ったことのある人物で、一番強いだろう。

 誰だ。こいつは。

 俺がそう思っていると、校長が、会場からそのドラゴンへ近づいて言った。

 「どうしてこんな所にいるんだ。魔王!」

 校長は、声では怒っているようだが、額から冷や汗が流れていた。

 俺も冷や汗が止まらない。

 なんせ、魔王と言えば、三大最強の、魔人族の一人、ラバーナだ。

 校長の言葉に、悲鳴をあげながら、逃げ出す人が現れた。

「ギャアギャアうるせんだよ!少し黙って待てろ!」

 魔王のその言葉に、何故か誰もが逆らえない。

 多分分かっているのだろう。

 今逆らえば、殺されると。

 「久しぶりだな。ソロ冒険者最強のルドルフ」

 校長は、その言葉に、鼻で笑った。

 「昔の話ですよ。今はただの校長です。それよりもわざわざここに何しに来たんですか?」

 校長は、なるべく魔王を怒らせないように言っているのだろう。

 「そうだった。俺は別にここで暴れようってわけじゃない。宣戦布告をしに来たんだよ」

 「宣戦布告だと?」

 魔王は、笑いながら言った。

 「ああ。ここに宣言しよう。魔王率いる魔人族はこの国と一ヵ月後、戦争をすると!」

 その言葉に、校長は相当驚いた顔をした。

 「お前、何が目的だ?昔は、ずっと魔大陸で、ひっそり暮らしていたじゃないですか」

 「俺にも、色々あるんだよ。そろそろ動かないといけないんでな」

 魔王は、笑みを崩さない。

 「あなたの目的は分かりました。それは、ちゃんと私から、ここの国王に言っておきます。なので用が終わったのなら、帰ってもらえないですかね?生徒達が怖がっているので」

 「まあ待てよ。後一つだけ残ってるんだよ」

 「まだあるんですか?」

 魔王は、何故かこちらを見ている気がする。

 俺の気のせいだと願いたい。

 「そこにいるレイロード!俺の使い魔を殺したお前だ!」

 魔王は俺を指さしながら、叫んできた。

 「ちょっと行ってくる」

 マリーにそう言い、俺は、風魔法を使い、魔王の所へと向かった。

 「俺の事ですか?けど、俺は使い魔なんて殺した覚えはないんですけどね」

 「ほざくな。ドラゴン殺しただろうが。本当は、あれで国の戦力を減らすつもりだったやつをよ」

 .....そういうことだったのか。

 何で、あんな所に、ドラゴンがいたのかようやく分かった。

 「それなら殺しましたね。弱すぎて相手になりませんでしたよ」

 俺は、軽く挑発した。

 なんせ、折角の魔法祭を壊した奴だ。

 腹が立ってしょうがない。

 魔王は、俺の言葉を聞いて、怒らず笑い出した。

 「ハッハッハ。まさか魔王と分かって、挑発してくるとはな。やはり面白いなお前」

 すると、魔王が、俺をじろじろ見てくる。

 「えーと。確認だけなら俺戻っていいですか?」

 正直、こいつの存在の威圧感だけで、冷静でいるふりをそう長く持ちそうにない。

「いや。本題はこれからだ。魔人族との戦争の際、お前が俺の前に現れなければ、ここに乗り込むからな」

 魔王は脅してきた。

 「どういうことですか!」

 校長は怒りながらそう言った。

 「そのまんまだよ。俺はこいつに興味を持ったんでな。戦ってみたいんだよ」

 魔王は、冷静に返す。

 「俺が、戦争に参加すればいいってことですか?」

 俺も正直、発狂して、今すぐここを抜けだしたい気持ちを抑えて、聞く。

 「それだけじゃない。俺と戦え。その歳でドラゴンを殺す奴だ。楽しみでしょうがない」

 こいつも戦闘狂か。

 「分かりました。あなたのもとに向かいます」

 ここでは、こう言っておく。

 その言葉に、魔王は満足したらしい。

 「楽しみにしているぞ」

 そう言い、魔王は、ドラゴンに乗り、去ろうとした。

 「待て、魔王。生徒を狙うと分かっているのにみすみす逃すわけがないだろう」

 校長は、いつの間にか、上空に上がり、あの時俺との勝負での技を使おうとしている。

 「俺とやるのか?あの時やられたお前がか?」

 魔王は、あの技の構えを以てしても、余裕だ。

 「あの頃のままの私だと思うな!」

 校長は叫び、ファイアーボールをすでに巨大化したものを放った。

 「進め」

 魔王は、ドラゴンにそう言い、ファイアーボールに突っ込む。

 そして、何も使っていない。

 ただの剣を振り、真っ二つにした。

 「は?」

 校長は、呆けた顔して固まってしまう。

 魔王は、校長の隣に行き、

 「お前こそ、前までの俺と思うなよ。後以前より威力が衰えていたぞ。そんな弱い奴に興味はない。さらばだ」

 魔王は、そう言い校長の横を通り過ぎた。

 校長は、悔しそうな顔をしながらも、何も出来ない自分に悔しそうな顔をしていた。

 それから、当然のように魔法祭は、中止になり生徒はその場に残され、会場に来ている、人達は帰って行った。

 「皆さんも分かっているように戦争が始まります」

 校長は、そう前置きした。

 「今回、アラン二世の力はないと思われます。なんせ、二カ月前にこの国を去り、邪神にまた挑みにいかれました」

 その言葉を聞いて、絶望的な顔をした人もいれば、膝から崩れ落ちる人もいる。

 「だけど、今いる戦力でこの国は戦わなければならない。もし、この戦争に参加してくれる人がいれば助かります。正直に言って、魔導士は後衛に配置されると思うので、この国が負けない限り身の安全は大丈夫です。だが、これは強制ではありません。戦ってくれる人だけでいいのでお願いします」

 校長は、そう言い、頭を下げた。

 「皆さんの返事は、戦争の一週間前に聞こうと思います。それとレイロード君は、後ほど校長室に来てください」

 そして、皆は誰も喋らず帰って行った。

 自分達が、無詠唱を使えるようになり、役に立つことが分かっているからこそ、迷っているのかもしれない。

 俺も迷いながら、校長室に向かった。

 「どうぞ」

 俺が、ドアをノックすると、校長がそう言った。

 「失礼します」

 俺は、部屋に入ると、以前のような笑っている校長ではなく、真剣な表情だ。

 「今回呼んだ理由は、君にも分かっていると思いますが、魔王の君に言った言葉です」

 やはり、そうか。

 「率直聞きます。あなたは戦争に参加するつもりですか?」

 「正直に言って迷っています。俺が戦争に参加しないといけないのは、分かっているんですが.....」

 校長は朗らかな笑みを浮かべて言った。

 「私からしたら、参加しない方がいいと思います。あの魔王は、本当に強い。ですので、参加しなくても誰にも文句は言わせないようにしますし、もし魔王が学校に攻めても、生徒を学校に連れてこなければいい話ですから」

 校長はそうフォローしてくれる。

 だが、それをしても意味はない。

 「この国が負けたら、意味はないですよね?」

 校長は、顔を俯かせる。

 「確かにその通りです。これは、言わない方がいいと思いますが、一つの手として、この国から逃げるのも手でしょう」

 そうだろうな。俺もそれを考えた。

 「校長は、どうするんですか?」

 俺は、少し気になっている事を聞いた。

 「私は、戦いますよ。その為に、これから自分を鍛えるつもりです」

 「そうなんですね。俺も少し考えます」

 俺は、そう言い、校長室を後にした。

 それから、学校の授業も中止になり、家に帰ることになった。

 俺は、一人自分の部屋に戻った。

 すると、タマがいた。

 「お前どうしたんだ?」

 「ご主人様のベットが気持ちいから寝てたニャー」

 あくびしながら、そんな呑気なことを言う。

 「お前も分かってるだろ?今から戦争が起きるのに、呑気だな」

 「分かってるけど、流石に何回も見てきたから慣れてるニャー」

 流石、伊達に何年も生きてるわけじゃないよな」

 「お前は、俺がどうするのがいいと思う?」

 俺は、自分で決めれず、タマに聞いてみた。

「ご主人様の好きにするのがいいと思うニャー」

 タマの相変わらずの返事に苦笑してしまう。

 そうだよな。これは自分で決めるしかない。

 家族や、大切な人を連れて、何処かに逃げるのが一つ目の選択。

 俺が、魔王を足止めする役を受け持ち、戦争に勝つのが、二つ目の選択。

 「ふーーーー」

 俺は、一度深呼吸して、考えた。

 決めた。

 三つ目の選択だ。

 家族や、大切な人を逃がして、俺は戦争に出る。

 そう決めた時だった。

 ドアがノックされた。

 「どうぞ」

 ココかなと思うと、そこには、

 「マリー、それにシアもどうしたんだ?」

 そこには、何故かマリーとシアがいた。

「チート・ご都合主義いらないけどハーレムいります」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く