神子な転生者は楽々生きれると思っていました。

黒和 狐福

王女救出

はい、シオンです。神託の儀から2年が、経ちました。これまでにあったこと。

3歳:父さんと母さんによる訓練が開始されました。何故か、2ヶ月経つともってるスキルのレベルが全て5以上になった。そして『魔力精密操作』、『魔装』
『無詠唱』、『位置指定』、『身体強化』、
『五感強化』、『隠密』、『探知』、『鑑定』等が纏まったりしてスキル欄に入っていた。

3歳6ヶ月:シイナが歩くようになり、俺の後をよくつい来るようになった。なので、書斎で字を教えるようになった数日で全て覚えてしまった。凄い。

4歳10ヶ月:訓練をしていたら、精霊達と合い契約を交わした。精霊達の属性は、火、水、風、土、光、闇、時空の7人だった。しかも位が、精霊王だという高いことがわかった。しかし、向こうは見ているだけらしい。

その他いろいろあって、今日から学園に通うことになった。学園には、父さんの別の妻の兄さん達が居るようだ。なので、俺は侯爵家を継がなくてもいいようだ。
よかった。これで、テンプレにも遭遇できそうだ。
そして、今は学園のある王都に向かっている。

「ん?父さん、母さん。彼処で別の馬車が襲われてるから助けてくる。」

「おう、いってこい。」

と、父さんは言ったけど。母さんが、

「駄目よ。まだシオンは子供なのよ。いかせないわ。」

と、言ったがもう人が襲われてるので、

「母さん。そんな事言ってる場合じゃ無いだろ。人が死にそうなんだから助けに行かないと。」

と、いって馬車から降り、襲われてる馬車へ向かって走った。そこに居たのは、人型で豚面のオークが数匹いた。しかも、近くでは騎士らしき人が四人倒れていた。

「大丈夫ですか。今助けます。『ファイアランス』
『バーンウィンド』」

俺が使ったのは、中級『火魔法』と上級『風魔法』だ。因みに上級魔法が使えると宮廷魔法使い並だ。超級を使える人は数人しかいない、兵器級以上は俺以外は使えない。今は、破滅級、幻想級、禁忌級、神威級まで使える。話が逸れたがこれで、オークは大分減った。しかし、少し雰囲気の違うオークが居た。鑑定してみると、ハイオークだった。オークとは、余り変わらないが少しステータスが上昇しているくらいだ。なので、直ぐに初級『氷魔法』の『アイスバレット』で倒した。俺は初級でも中級並の力を出すこともできる。よし、これで倒せた。

「全て倒しきりましたよ。怪我人はいませんか。回復魔法を使えるので行って下さい。」

「いえ、大丈夫です。ありがとうございました。私は、第二王女付きメイドのアーシャと申します。」

「あ、言い遅れましたね。俺、私はベルリク 侯爵家四男のシオン・ベルリクです。今回は間に合いよかったです。あ、5歳ですよ。」

まさか、王女様の馬車だとは思わなかった。良かった助けて。これで、また1つテンプレを回収できたぞ。

「おーい。シオン馬車助ける事はできたか。お、できたようだな。え、王家の紋章。家の子は、粗相をしたでしょうか。」

「いえ、5歳とは思えないような挨拶でした。びっくりしましたよ。アイリス様そろそろ出てきてはどうですか。命の恩人にお礼も言えない人は王家ではないと言われましたよね。」

へー、そんな所も教育してるんだ。だった糞貴族は少ないかな。

「は、はい。私がシルフィード王国第二王女のアイリス・トウドウ・シルフィードです。あ、あの助けて頂きありがとうございました。そ、その言い憎いんですけど、一緒に馬車に乗って行ってくださいませんか。王都も持つ少しですし、その、良いですか。」

「どうします、父さん。行っても良いですかね。」

「あぁ、行ってこい。母さんは俺が沈めておく。任せとけ。しっかり王女様を守ってやれよ。」

なるほど、この状況を楽しんで要るわけか。マジか。てか、この子の顔が赤くなってるのは何でだろうか。

「分かりました。では、アイリス様いきましょうか。父さん行ってきますね。」

そう言って、アイリス様の手を引いて馬車の中に入っていった。

「では、ここで守らせて貰いますね。」

「は、はい。(かっこいい。」


そうして、俺達は王都に着いた。周りは多くの人で賑わっていました。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アイリス・トウドウ・シルフィード
歳:5
種族:高位人族
身分:シルフィード王国第二王女
職業:結界師
Lv:1
魔力:84
腕力:13
敏捷:23
防御:18
幸運:49

〔スキル〕
・剣術2・光魔法3・嗜み5・偽笑2・性技1

〔ユニーク〕
・結界魔法・召喚魔法・愛の勘

〔称号〕
・シルフィード王国第二王女

「神子な転生者は楽々生きれると思っていました。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー282808

    だった糞貴族?

    0
コメントを書く