俺のこと、好きになってよ

あむ

俺のこと、好きになってよ 2

「おはよー!真依!」
「おはよー!真奈美(まなみ)!」
私は席に座っている、真奈美に挨拶をした。
 真奈美は、私の大親友で、同じクラスでそして同じ写真部に所属と、
いつも真奈美と一緒なの。
「そういえば、真依、なんかあった? 声かける前、すっごく悲しそうな顔してたけど…。ーもしかしてー、まーた、あの子のお別れのシーン思い出したのー?」
「うん。ーって、何で分かるのー!?」
「えっ、そんなん当たり前じゃん!何年あんたのこと見てると思ってんの!」
 そう。真奈美は中学のときから大親友。
 お互い奮闘して無事この学校に二人とも合格したのだ。
「そうだね。」
私は優しく微笑みながら応える。
「もうー、忘れなよー。そんな辛いならー。」
「私だって、忘れたいよー。でもなかなか、忘れられなくて…。」
「でも、夢に出るってことはまだ、気持ちあるんじゃない?」
「そんなこと、なーーーーい!」
「真依、めっちゃ真っ赤だよ、顔」
真奈美が私の顔を見て笑う。
「わっ、笑わないでよー。」 
「いやー、これは笑うわ。」
 真奈美に反論しようと思ったとき、
 
「席座れー!ホームルーム、始めんぞー!」
 うちの担任、大北(おおきた)先生が入ってきた。
 私も急いで自分の席に着いた。
「久しぶりだな。夏休みどうだったか?俺は海、行ってきたよ。海の中でサメに襲われそうになってなー。」
 あるクラスの男子が叫ぶ。
「先ー生!そのあと、どうなったんすか!」
「俺が叩きのめした!」
 その瞬間、クラスみんなが大笑いした。
 その中に
 「先生、かっけーー☆」
 「先生、ワイルドすぎね」
 「ってか、サメいる海とかどこだよ!
 日本じゃないじゃん!」
 という声が聞こえた。
 「さあ、その話は置いといて。夏休みの宿題もちろんやったよなー。」
 そして久しぶりの学校生活が始まった。
 
 そして放課後、掃除をしていたとき、私は、真奈美からあることを聞いた。どうやら隣のクラスに男子が1人転入したらしい。
真奈美とその人について、話しているといきなり真奈美が叫んだー!
「ああっ!この人だよー!転入生!」
 私たちのクラスのドアの前に立つ背の高い男子を指差した、真奈美。
私は、「えっ、誰?」と振り返る。
 すると、その人も真奈美の声に気づき、こちらを向いた。そしてその人は私の方を見て…。
 そして、その人は、私の方に走ってきて、
…。私に飛びかかって、いきなり、抱きついてきた。
 「きゃああ!」
 私はすぐにその人を突き放す。
 「なっ、なっ、何ですか!急に!」
 すると、その人は言った。
 「アハハー。いきなり、ごめんね‼アメリカでのときと同じようにやっちゃったー。あんまりにも嬉しすぎて…。」
 えっ、もしかして…、この感じ。
 「久しぶり!元気だった?真依ちゃん。」

「俺のこと、好きになってよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く