走れエロス

ビッグバン

神の証明

エロスは矢を構えると、瀬利の身体の舞に向けて矢を放った。矢を放たれた舞は興奮した様子でハアハアと息を荒げ始めた。それを見た瀬利は鬼の様な表情を浮かべエロスを睨み付けこう言った。

「オイ。この自称神またそれか。このワンパターンが。また、こいつを興奮させて俺を襲わせる気か。それはもうやらないって約束したよな。だが甘いな自笑神俺に同じ手は二度と通用しない。」

すると、瀬利はエロスを睨み付け殴りかかった。

「走れエロス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く