走れエロス

ビッグバン

遂に接触百済舞

エロス達は今日が祝日だった為瀬利の身体がいるであろう瀬利の家に向かっていた。

瀬利はそこで元の身体の自分に戻ろうと考えたのだ。それに、相手も混乱しているに違いない早めに会いに言って安心させてあげなければと考えたのだ。

そんなことを考えていると家の場所に着いた。幸い瀬利の家は一人暮らしなので
他の家族を気にせず家に行く事が出来るのが不幸中の幸いだった。
 
そして、家の鍵を隠してある場所は知っているのでそれで鍵を開け家の中に入って言った。

そこに待っていたのは百済舞の精神が入った瀬利の身体だったのだかこの時瀬利は知らなかった。あんな目にあうはめになるとは

「走れエロス」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く