眠りに堕ちる瞬間まで、

ねこむらえる

そして、

おれのこと偽善者って言うなら好きなだけそうやって言ってればいいよ。そうやって人の好意を踏みにじってるうちに君は気付くんだ。「自分は1人なんだ」ってね。
そりゃそうだろう。君に優しくすれば偽善者だのと言われるんだから。離れていくに決まってる、
そして君は言うだろう
「裏切られた」ってね

「眠りに堕ちる瞬間まで、」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く