眠りに堕ちる瞬間まで、

ねこむらえる

珈琲、

珈琲を口に含んだ。涙の味がした。

「眠りに堕ちる瞬間まで、」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く