眠りに堕ちる瞬間まで、

ねこむらえる

死んだら、

「人間は、死んだら無になって欲しいよね。死んでいるんだから、何も感じなくなってほしい。痛みも、苦しみも、全部。」

そう言って笑う君の身体が透けていることに僕は気付いていた、

「眠りに堕ちる瞬間まで、」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く