眠りに堕ちる瞬間まで、

ねこむらえる

声が、

3日前に死んだはずの彼氏が嘆き悲しむ声が聞こえたので、飛び降りるのはやめにすることにした。

「眠りに堕ちる瞬間まで、」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く